瀧春一とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 瀧春一の意味・解説 

瀧春一

瀧春一の俳句

あの世へも顔出しにゆく大昼寝
かなかなや師弟の道も恋に似る
初蝶やいのち溢れて落ちつかず
木雫は雨より太し青楓
青海に額ぶつけて泳ぎ出づ
 

瀧春一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:00 UTC 版)

瀧 春一(たき しゅんいち、1901年10月15日 - 1996年3月28日)は、神奈川県出身の俳人。本名は粂太郎。横浜市生まれ。高等小学校卒業後に会社員となる。当初は短歌を作っていたが俳句に転向。1926年より水原秋桜子に師事し、1931年に秋桜子の「馬酔木」が「ホトトギス」から離反した際も秋桜子に従った。1936年に「菱の花」選者となり、1940年に「暖流」に改題し主宰。1947年には無季容認を表明したことで、季題遵守の立場をとる秋桜子と一時袂を分かつが、1966年に「馬酔木」同人に復帰した。1982年、第9句集『花石榴』により第16回蛇笏賞を受賞。代表句に「かなかなや師弟の道も恋に似る」「あの世へも顔出しにゆく大昼寝」があり、庶民的な作風で知られた。




「瀧春一」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「瀧春一」の関連用語

瀧春一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



瀧春一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瀧春一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS