残暑が厳しいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 残暑が厳しいの意味・解説 

残暑が厳しい

読み方:ざんしょがきびしい

夏が盛りを過ぎた時候だというのに依然として非常に暑いさまを述べる言い回し
 「残暑」は元来立秋の候を過ぎた後も続く暑さを指す語である。暦の上では秋に入る時期なのにまだまだ厳し暑さが続く、という意味合い汲み取ることができる。立秋太陽暦8月8日である。

通俗的用法としては暦を意識せず「例年ならもうそろそろ涼しくなる頃だが~」という程度意味合いで「残暑が厳しい」と述べる場合大いあり得る

残暑が厳しい

分野
気温に関する用語
意味:
季節予報では、主に立秋8月8日頃)から秋分9月23日頃)までの間に気温が「高い」こと。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「残暑が厳しい」の関連用語

残暑が厳しいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



残暑が厳しいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
気象庁気象庁
©2020 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。

©2020 Weblio RSS