放射性物質除染装置とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 放射性物質除染装置の意味・解説 

放射性物質除染装置

読み方:ほうしゃせいぶっしつじょせんそうち
別名:汚染水の浄化システム

原子炉外部漏れ出た放射性物質除染し、浄化する装置のこと。2011年6月6日現在、原発事故の対応に追われている東京電力福島第一原子力発電所において試験運転が開始されている。

福島第一原発では、破損した原子炉冷温停止に導くために、外部から放水を行っているが、それによって汚染されたが炉外に漏れ出して溜まるという悪循環に陥っていた。放射性物質除染装置が稼動し、うまく機能すれば、汚染水発生抑え冷却継続する「循環注水冷却」が実現できる。

放射性物質除染装置には、米国キュリオンKurion)社の協力による放射性セシウム吸着除去装置、および、フランスアレバAREVA)社の協力による放射性ヨウ素などの吸着除去装置その他に油分分離塩分分離を行う装置などが組み込まれた多段階構成となっている。

関連サイト
Kurion(英語)
AREVA(英語)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「放射性物質除染装置」の関連用語

放射性物質除染装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



放射性物質除染装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS