宙に浮いた年金とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 宙に浮いた年金の意味・解説 

宙に浮いた年金

読み方:ちゅうにういたねんきん
別名:宙に浮いた年金記録宙に浮く年金記録5000万件

社会保険庁管理している年金記録のうち、正しく記録されていない年金のこと。

1997年から1人1つ基礎年金番号割り振って管理されることになったが、今まで入力されていたデータミスがあることが発覚し、旧来の年金番号基礎年金番号移行できないものが生じた。このように年金記録としては存在しているものの、誰が支払ったのかが不明年金を宙に浮いた年金と呼んでいる。宙に浮いた年金は、約5000件あるといわれている。

なお、コンピュータ化の際にデータ入力忘れてしまったり、社会保険庁職員による保険料横領などで記録がないものは、「消えた年金」と呼んでいる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宙に浮いた年金」の関連用語

宙に浮いた年金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宙に浮いた年金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS