大連動とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 大連動の意味・解説 

大連動

読み方:だいれんどう
別名:大連動地震大連動型地震

複数震源域連動して、同時もしくはきわめて短期間のうちに、複数大規模地震を引き起す現象

特に、東海地震南海地震東南海地震同時発生を「三連動地震」と呼ぶ。この3つの地震はおよそ100年周期発生するとみられており、近い将来発生に向け警戒対策呼びかけられている。

2011年3月11日発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)は、三連動地震のように想定されていなかったが、三陸沖から茨城県沖の4つの震源地が大連動を起こし可能性指摘されている。また、4月15日時点では発生ていないが、さらに南に位置する房総半島沖の震源連動して大規模房総沖地震発生する危険性もあると指摘されている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大連動」の関連用語

大連動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大連動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS