四方世界の王とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 四方世界の王の意味・解説 

四方世界の王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/02 04:33 UTC 版)

四方世界の王』(しほうせかいのおう、シュメール語 : SAR KIBRATIM ARBAIM〔シャル・キブラーティム・アルバイム〕)は、定金伸治による日本小説作品。イラストは、記伊孝。副題は、「古代オリエント幻想創世記」 (Ancient Oriental Fantasy Genesis) 。古代メソポタミアを舞台としたファンタジー要素を取り入れた時代小説歴史小説)。四方世界の覇権と神位を巡る物語。講談社BOXの企画「大河ノベル2009」の作品として、2009年1月から12か月連続刊行予定であったが、第4巻まで刊行した時点で一時休止し、2010年6月に第5巻が発売され、刊行が再開した。




「四方世界の王」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四方世界の王」の関連用語

四方世界の王のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



四方世界の王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四方世界の王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS