卞和とは?

べん か -くわ卞和 ○

中国戦国時代の人。粗玉あらたま)を山中に得、厲王に献じたがただの石だとされて左足を切られ、次の武王には右足を切られた。文王が位につくと、和()は粗玉抱いて哭(こく)すること三日三晩文王問いに、疑われたことを悲しんでいるのだと答えた。文王粗玉を磨かせてみると果たして立派な璧(たま)であった。この璧を「和氏かし)の璧」といった。またのち、趙王がこの璧を所有し、秦の昭王が一五の城と交換しようと言ったので、「連城の璧」ともいう。

卞和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/03 17:08 UTC 版)

卞 和(べん か、生没年不詳)は、春秋時代前期のに住んでいたとされる男。和氏(かし)とも呼ばれる。韓非の著した『韓非子』の和氏篇において、法術の士の孤独を説明する為の説話で登場する。




「卞和」の続きの解説一覧



卞和と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卞和」の関連用語

1
52% |||||

2
16% |||||

3
10% |||||

4
10% |||||

5
10% |||||

6
6% |||||


卞和のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



卞和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの卞和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS