劣加法性とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 劣加法性の意味・解説 

劣加法性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/22 14:01 UTC 版)

数学の分野における劣加法性(れつかほうせい、: subadditivity)とは、大まかに言うと、定義域に含まれる二つのの和についての関数の値が、それら各元についての関数の値の和よりも常に小さいか等しい、という性質のことを言う。数学の様々な研究領域、特にノルム平方根などに関する領域において、数多くの劣加法的関数の例が知られている。加法的関数は、劣加法的関数の特別な場合である。


  1. ^ Fekete, M. "Uber die Verteilung der Wurzeln bei gewissen algebraischen Gleichungen mit. ganzzahligen Koeffizienten." Mathematische Zeitschrift 17 (1923), pp. 228–249.
  2. ^ Michael J. Steele. "Probability theory and combinatorial optimization". SIAM, Philadelphia (1997). ISBN 0-89871-380-3.
  3. ^ Michael J. Steele (2011年). CBMS Lectures on Probability Theory and Combinatorial Optimization. University of Cambridge.. http://sms.cam.ac.uk/collection/1189351 
  4. ^ Schechter, Eric (1997). Handbook of Analysis and its Foundations. San Diego: Academic Press. ISBN 0126227608. , p.314,12.25


「劣加法性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「劣加法性」の関連用語

劣加法性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



劣加法性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの劣加法性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS