加藤咄堂とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 加藤咄堂の意味・解説 

かとうとつどう 【加藤咄堂】

明治大正期仏教家京都の人。本名は熊一郎上京して法律家を志したが、築地本願寺の積徳教教師となり、島田蕃根大内青巒発起の上教会講師仏教関係の著述講演で知られ、宮内省から社会教化功労者として表彰受く。著『大乗起信論講話』他。(一八七〇~一九四九)

このページでは「世界宗教用語大事典」から加藤咄堂を検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書から加藤咄堂を検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書から加藤咄堂を検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「加藤咄堂」の関連用語

加藤咄堂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



加藤咄堂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS