全人格労働とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > 全人格労働の意味・解説 

全人格労働

「全人格労働」とは、人生一部であるはずの仕事自分全人生や全人格をつぎ込んでしまうような、破滅的な働き方をいう言葉です。産業医阿部眞雄氏は2008年著した『快適職場のつくり方 イジメストレスメンタル不全をただす』の中で、この概念提示し、全人格労働が日本社会少しずつ広がっていると指摘しました。賃金ポストの上昇といった見返り少な職場が増えていることに加え競争激化業績へのプレッシャー解雇恐怖などから、否応なしに過重労働追い込まれ、仕事人間らしさを奪われてしまう状態を表します。その結果正し判断ができずに道を誤ったり、心身を病んで休職退職余儀なくされたりする人も少なくありません。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「全人格労働」の関連用語

全人格労働のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全人格労働のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS