人生意気に感ずとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 人生意気に感ずの意味・解説 

人生(じんせい)意気に感ず

魏徴述懐」から》人は他人意気感じ努力するものであり、金銭名誉欲ためにするのではない。


じんせい【人生】 意気(いき)に感(かん)ず

人間相手気性いさぎよさ感動して力を尽くすであって金銭や名誉など私欲ためにするのではない。

思出の記190001)〈徳富蘆花〉三「人生意気に感ず、諸君は実に吾知己(ちき)」〔魏徴述懐詩〕


人生意気に感ず

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 02:18 UTC 版)

成句

人生意気(ジンセイイキにカンず)

  1. 人は、欲得ではなく他人の何かをしようとする強い意志(特にそれに関する自分へ期待)に感動して、積極的行動するものであるの意。

出典

政治家魏徴の詩『述懐』(『唐詩選収録)より。

類義句

  • 士は己を知る者のために死す


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人生意気に感ず」の関連用語

人生意気に感ずのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人生意気に感ずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人生意気に感ず (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS