二次的著作物の創作権とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 著作権関連用語 > 二次的著作物の創作権の意味・解説 

二次的著作物の創作権

ある著作物原著作物)を、翻訳したり、編曲したり、映画化したり、表現形式変更したりする等し創作された著作物二次的著作物呼びます(第2条第1項第11号)。このように二次的著作物創作する権利のことを、二次的著作物の創作権(第27条)といい、原作著作権者了解がないと二次的著作物は作れないことになっています。なお、この権利は、翻訳権編曲権変形権例え平面的著作物立体的著作物にすること)、翻案権脚色化、映画化等)からなっています



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二次的著作物の創作権」の関連用語

二次的著作物の創作権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二次的著作物の創作権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2022 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS