九成宮醴泉銘とは?

九成宮醴泉銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/19 14:34 UTC 版)

唐の太宗貞観6年夏、隋の仁寿宮を修理して造営した九成宮(離宮)に避暑した。そのとき、たまたま一隅醴泉れいせん、あま味のある泉。甘泉)が湧き出たので、これは唐の帝室が徳をもって治めていることに応ず一大祥瑞であるとし、この顚末を記して碑に刻することとなり、勅命により魏徴撰文し、欧陽詢が書いた。 全24行で、各行50字あり、篆額に「九成宮醴泉銘」とある。欧陽詢の書として最も有名であり、書体隋代行われ方形から脱して特色ある長方形成し王羲之楷書を脱して隷法を交え、清和秀潤風格がある。陝西省麟游県現存する。

※この「九成宮醴泉銘」の解説は、「欧陽詢」の解説の一部です。» 「欧陽詢」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「九成宮醴泉銘」の関連用語

九成宮醴泉銘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



九成宮醴泉銘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの欧陽詢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS