中西夕紀とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 中西夕紀の意味・解説 

中西夕紀

中西夕紀の俳句

とどまれば熱き躰や芋嵐
まつ青な蘆の中から祭の子
一睡のいづこに覚めんかきつばた
拝むとき何も頼まずかいつぶり
猫の恋シヤワー激しく使ひけり
都市暮しやどかりほどの音たてて
馬の癖乗つて覚えよ花ユツカ
 

中西夕紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 06:08 UTC 版)

中西 夕紀(なかにし ゆき、1953年9月4日 - )は、俳人東京都生。1980年より俳句をはじめ、1981年「岳」に入会。1982年「」に入会、藤田湘子に師事し、以後15年の間「鷹」で学ぶ。1985年鷹新人賞。1996年「晨」同人参加。1997年前山賞(岳同人賞)受賞。1999年より宇佐美魚目に師事。2005年「琉」創刊同人。2008年「都市」を創刊、主宰。2013年より星野立子新人賞選考委員。句集に『都市』『さねさし』『朝涼』。俳人協会、文芸家協会会員。




「中西夕紀」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中西夕紀」の関連用語

中西夕紀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中西夕紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中西夕紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS