リポ蛋白とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 蛋白 > リポ蛋白の意味・解説 

リポ蛋白 ( lipoprotein )

血清中で脂質タンパク複合体となったもの。トリグリセライドやコレステロール・エステルを中心成分として、その周りタンパク質リン脂質遊離コレステロールなどの層がおおった構造になっており、比重の差からカイロミクロンLDLHDLなど5種類のリポ蛋白があります

リポタンパク質

(リポ蛋白 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 13:42 UTC 版)

リポタンパク質(リポたんぱくしつ、英語: Lipoprotein)は、脂質血漿中に存在する様態で、脂質とアポタンパク質が結合したものである[1]


  1. ^ IUPAC Gold Book - lipoproteins
  2. ^ a b c d e 『ストライヤー生化学』 東京化学同人、2004年、第5版、732頁。ISBN 978-4807905812


「リポタンパク質」の続きの解説一覧





リポ蛋白と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リポ蛋白」の関連用語

リポ蛋白のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リポ蛋白のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2018(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリポタンパク質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS