ファインディングコストとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > マーケティング > コスト > ファインディングコストの意味・解説 

ファインディング・コスト


発見コスト

読み方はっけんこすと
【英】: finding cost
同義語: ファインディング・コスト  

1 バーレル可採埋蔵量発見どれだけ原価かかっているかについては、関係するあらゆるデータ持っている個々会社計算法を工夫すればかなり真実に近い値を求めることができるかもしれないが、埋蔵量発見プロセス実情からすれば真の発見コストを的確に把握することは極めて難しい。1980 年代に入ってから米国で発見コスト(findlng cost)と呼ばれるものが発表されるようになったが、これはある年の探鉱開発支出を同じ年の発見量で除した数値である。これは到底理論的な意味での発見コストとは考えられず、この種の数値調査発表している調査会社は「発見コスト代用値(surrogate finding cost)」と称している。米国このような数値発表されるようになったのは、石油会社に対して有価証券報告書毎年石油・ガス埋蔵量探鉱開発支出額とを記載するよう義務づけられたことによる投資額と発見量とを関係づけるに当たって石油ガスコスト区分不可能で、また開発投資による埋蔵確認割合大きいので、いわゆる「発見コスト」は石油ガスとを合計ガスは 6,000cf= 1 バーレルとして加算)した量についてのものであり、コストには開発費も含める例が多い。また発見量としては試掘による発見量と探・採掘による拡大量および回収率向上による増量のほか、既知鉱量修正量を含める場合と含めない場合とがあり、発表者によっては異な数値注釈なしに提示されることがあるので注意要する



ファインディングコストと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ファインディングコストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ファインディングコストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2019 Weblio RSS