ピンクカメハメハとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ピンクカメハメハの意味・解説 

ピンクカメハメハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 23:13 UTC 版)

ピンクカメハメハ(欧字名:Pink Kamehameha2018年4月12日[1] - 2021年6月20日[2])は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2021年のサウジダービー。


ピンクカメハメハ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 キングマンボ系
[§ 2]

リオンディーズ
2013 黒鹿毛
父の父
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
父の母
シーザリオ
2002 青毛
スペシャルウィーク *サンデーサイレンス
キャンペンガール
*キロフプリミエール Sadler's Wells
Querida

タバサトウショウ 1993
鹿毛
*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave 1983
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess Drone
Olmec
母の母
サマンサトウショウ 1985
黒鹿毛
トウショウボーイ *テスコボーイ
*ソシアルバターフライ
マーブルトウショウ *ダンディルート
チャイナトウショウ
母系(F-No.) (FN:16-j) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4 [§ 4]
出典
  1. ^ [11]
  2. ^ [12]
  3. ^ [11]
  4. ^ [11][12]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ピンクカメハメハ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年2月21日閲覧。
  2. ^ a b 東京11Rの競走中止について”. ラジオNIKKEI. 2021年6月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 話題沸騰の2歳馬 “ピンカメ”ことピンクカメハメハって?! - netkeibaライター | 競馬コラム” (日本語). netkeiba.com. 2021年2月21日閲覧。
  4. ^ サウジダービーに出走予定だったフランスゴデイナが回避”. スポーツ報知 (2021年2月11日). 2021年2月21日閲覧。
  5. ^ 【サウジCデー】2騎手が入国不可になり騎乗変更、サウジダービーのピンクカメハメハは戸崎圭太騎手に”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2021年2月20日). 2021年2月21日閲覧。
  6. ^ 海外初遠征のピンクカメハメハがサウジダービー制覇”. サンケイスポーツ. 2021年2月21日閲覧。
  7. ^ “【UAEダービー結果】ゴドルフィンのレベルスロマンスが5馬身半差で圧勝、日本馬は4着タケルペガサスが最上位”. netkeiba.com. (2021年3月27日). https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=185705 2021年6月21日閲覧。 
  8. ^ “【JRA】落馬負傷の北村宏司騎手は右足骨折の診断”. (2021年6月21日). https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=189312 2021年6月21日閲覧。 
  9. ^ ピンクカメハメハ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年2月21日閲覧。
  10. ^ ピンクカメハメハの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2021年2月21日閲覧。
  11. ^ a b c ピンクカメハメハ 5代血統表”. JBIS-Search. 日本軽種馬協会. 2021年5月17日閲覧。
  12. ^ a b ピンクカメハメハの血統表|競走馬データ - netkeiba.com”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2021年5月17日閲覧。


「ピンクカメハメハ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピンクカメハメハ」の関連用語

ピンクカメハメハのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピンクカメハメハのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピンクカメハメハ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS