データのエントリーとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > データのエントリーの意味・解説 

データのエントリー

コンピューターで処理されるいかなる情報も、三つ主要な局面経過する。第1は、データのエントリー 1または入力 1である。これは、パンチカード(224-3*)を用いるか、あるいはコンソール(227-8)のようなオンライン 2による方法によって行われるコンピューターにすでに保管されているデータは、中央記憶装置(226-2)からか、あるいは大容量記憶装置(226-3)の一つから得ることができ、入力データとして用いられる。第2の局面であるデータ処理(220-2)は、二つ主要なタイプ、すなわち数値処理 4非数値処理 5とに区分される。統計的あるいは算術計算は、通常前者含まれる作業である。一方データ加工操作作業は、後者主要なのである。しばしば、出力段階といわれる第3の局面においては処理結果 6またはアウトプット 6は、ライン・プリンター(227-6)上で印刷され、あるいは後の段階でのデータ処理のために大容量記憶装置(226-3)上でファイル保存されることもある。処理結果グラフ画像の形で得るために、結果また、プロッター 7転送されることもある。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「データのエントリー」の関連用語

データのエントリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



データのエントリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。

©2019 Weblio RSS