デブリーフィングとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > デブリーフィングの意味・解説 

デブリーフィング

デフュージングよりさらに本格的心のケアの手法がデブリーフィング(debriefing)であり、ピア・サポート要員中心として、心理精神保健専門家を交えて行う。デブリーフィングは、大きな心的衝撃を受けるような現場出動した場合には有効であるが、小さな心的衝撃緩和には適さないと考えられている。参加メンバーは、同じ災害現場派遣され、同程度心的衝撃を受けた人になり、デブリーフィングの場では、時間をかけてお互い感情吐露することで、「あの時、こう感じたのは自分だけではなかった」と感情共有し、ストレス発散孤独感軽減グループの絆を深めることが重要である。 実施時期は、災害から1日ないし3日以内最適といわれているが、この時間とらわれる要はなく、事態終息した後、自分自身考えを少し整理できた頃が最適考えられている。 デブリーフィング




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デブリーフィング」の関連用語

デブリーフィングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ストレス反応

立入制限区域

スリーマイル島原子力発電所事故

放射性物質

高レベル放射性廃棄物

JCO臨界事故

緊急炉心冷却装置

大気安定度





デブリーフィングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2018 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2018 Weblio RSS