チタン酸リチウムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > チタン酸リチウムの意味・解説 

チタン酸リチウム

読み方:チタンさんリチウム
別名:Li4Ti5O12LTO
英語:lithium titanate

酸化チタン成分とするアルカリ金属のこと。

チタン酸リチウムは、炭素材料比べて熱安定性優れ、電導性を持たないといった特徴がある。

チタン酸リチウムを用いた二次電池では、他の二次電池比べ寿命長く、充放電にかかる時間が短くて済むとされる

2011年9月21日NTTドコモは、チタン酸リチウムを材料とした超高速充電バッテリー開発したと発表した。NTTドコモによれば、超高速充電バッテリーを用いれば、スマートフォンなどに従来2、3時間かかっていたフル充電がわずか10分で済むという。

関連サイト
「CEATEC JAPAN 2011」への出展について - NTTドコモ

チタン酸リチウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/04 06:25 UTC 版)

チタン酸リチウム(チタンさんリチウム、lithium titanate、正確にはメタチタン酸リチウム lithium metatitanate)は、リチウムチタンを含む化合物の一つ。室温では灰白色の粉末としてみられ、化学式Li2TiO3で表わされる。


  1. ^ Laan, J.G; Muis, R.P (1999). “Properties of lithium metatitanate pebbles produced by a wet process”. Journal of Nuclear Materials 271–272: 401–404. doi:10.1016/S0022-3115(98)00794-6. ISSN 0022-3115. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022311598007946. 
  2. ^ Lithium Titanate Fact Sheet”. Product Code: LI2TI03. Thermograde. 2010年6月24日閲覧。
  3. ^ Vijayakumar M.; Kerisit, S.; Yang, Z.; Graff, G. L.; Liu, J.; Sears, J. A.; Burton, S. D.; Rosso, K. M.; Hu, J. (2009). “Combined 6,7Li NMR and Molecular Dynamics Study of Li Diffusion in Li2TiO3”. Journal of Physical Chemistry 113: 20108–20116. doi:10.1021/jp9072125. 
  4. ^ Kleykamp, H (2002). “Phase equilibria in the Li–Ti–O system and physical properties of Li2TiO3”. Fusion Engineering and Design. 61: 361–366. 
  5. ^ Laumann, Andreas; Jensen, Ørnsbjerg; Kirsten, Marie; Tyrsted, Christoffer (2011). “In‐situ Synchrotron X‐ray Diffraction Study of the Formation of Cubic Li2TiO3 Under Hydrothermal Conditions”. Eur. J. of Inorg. Chem. 14: 2221–2226. doi:10.1002/ejic.201001133. 
  6. ^ Sahu, B. S; Bhatacharyya, S.; Chaudhuri, P.; Mazumder, R., "Synthesis and sintering of nanosize Li2TiO3 ceramic breeder powder prepared by autocombustion technique"; Department of Ceramic Engineering; National Institute of Technology, Rourkela-769008; TBM Division, Institute of Plasma Research, Bhat, Gandhinagar-382428 http://dspace.nitrkl.ac.in/dspace/bitstream/2080/1139/1/INSAC2009+(A103).pdf (accessed April 13, 2012).
  7. ^ "EPO: European Patent" http://www.wipo.int/patentscope/search/en/detail.jsf?docId=WO1996015561&recNum=1&maxRec=&office=&prevFilter=&sortOption=&queryString=&tab=PCT+Biblio (accessed April 13, 2012).
  8. ^ Ehingen, A. P.; Feldkirchen, M. B.; Ulm, B. R.; Plochingen, V. P. Friedrichshafen, DE "Double layer cathode for molten carbonate fuel cells and method for producing the same." US Patent 6,420,062, July 16, 2002
  9. ^ Hanaor, D.A.H.; Kolb, M.H.H.; Gan, Y.; Kamlah, M.; Knitter, R. (2014). “Solution based synthesis of mixed-phase materials in the Li2TiO3-Li4SiO4 system”. Journal of Nuclear Materials 456: 151–161. doi:10.1016/j.jnucmat.2014.09.028. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022311514006187. 
  10. ^ Maloney, Ryan P.; Kim, Hyun Joong; Sakamoto, Jeffrey S. (2012). “Lithium Titanate Aerogel for Advanced Lithium-Ion Batteries”. ACS Applied Materials & Interfaces 4 (5): 2318–2321. doi:10.1021/am3002742. https://doi.org/10.1021/am3002742. 


「チタン酸リチウム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チタン酸リチウム」の関連用語

チタン酸リチウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チタン酸リチウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチタン酸リチウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS