サイドロックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > サイド > サイドロックの意味・解説 

サイドロック(地板付銃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 07:37 UTC 版)

散弾銃」の記事における「サイドロック(地板付銃)」の解説

撃鉄撃鉄ばねなどの機関部品(ロック (銃器)(英語版))レシーバー横の着脱可能金属板(地板)に取付けられ機関部英語版形式。元々はマスケット銃より受け継がれた技術で、撃鉄ばねに松葉ばねが使用されていた時代に、折損した松葉ばねを素早く交換できるように考案された。構造上、元台側に機関部品の穴を穿る必要があり、製造に非常に手間掛かることや、金属板レシーバー骨組み兼ねことからボックスロックに比べて強度が弱いため、撃鉄ばねにコイルばね使用されるようになってからは余り使われなくなった現在では一部高級な元折散弾銃採用されている。

※この「サイドロック(地板付銃)」の解説は、「散弾銃」の解説の一部です。
「サイドロック(地板付銃)」を含む「散弾銃」の記事については、「散弾銃」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サイドロック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



サイドロックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サイドロックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイドロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ジャパンナイフギルドジャパンナイフギルド
Copyright (C) 2022- JKG, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの散弾銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS