コンテナ技術とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > コンテナ技術の意味・解説 

コンテナ技術

読み方コンテナぎじゅつ
別名:バーチャルコンテナ技術バーチャルコンテナ
【英】Virtual Container system, Virtual Container

コンテナ技術とは、OS上に他のプロセスからは隔離されたアプリケーション実行環境構築することで、仮想的な動作環境をより少なコンピュータリソース実現する技術のことである。

一台のコンピュータ物理マシン)で複数コンピューティング環境構築する技術には、コンテナ技術の他に仮想マシン技術がある。仮想マシン実行環境ごとに個別OSゲストOS)を用意し、ハードウェアおよび仮想マシン制御するホストOSのみ共有するという構成が取られている。コンテナ技術ではゲストOS不要であり、プロセス実行環境のみ独立させることで、OS上の実行環境構築されている。

仮想マシンハードウェア上のすべてごと仮想的に構築する技術といえるが、コンテナ技術はOS上の環境のみ仮想構築する。コンテナ技術ではOSこそ変更できないが、動作割くリソース少なく済み、また構築起動迅速に行えるといった利点がある。

コンテナ技術は2010年代半ば頃からアプリケーション開発における仮想化環境として注目集めている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンテナ技術」の関連用語

コンテナ技術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンテナ技術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコンテナ技術の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS