カルシウム蛍光指示薬とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > カルシウム蛍光指示薬の意味・解説 

カルシウム蛍光指示薬

英語:fluorescent Calcium Indicators

カルシウムイメージング法呼ばれる細胞観測手法使用される試薬総称カルシウムイオン結合して蛍光発する、または蛍光波長変化させる性質を持つ。

カルシウム蛍光指示薬は、カルシウムイオン濃度合せて蛍光強弱度合い変化するという特性がある。このためカルシウムイオン有無だけでなく、どの程度カルシウムイオン存在しているかを判別することができる。

カルシウム蛍光指示薬、およびカルシウムイメージング法は、細胞活動で重要な役割をすると考えられているカルシウムイオン働き可視化できるため、神経細胞活動観測する手法として広く利用されている。

なお、科学技術振興機構JST)と東京大学大学院は、「大規模スパインイメージング法」と呼ばれる新たな観測手法撮影技術)を開発2012年1月20日研究成果として発表している。

関連サイト
脳回路が驚くほど精密に配線されていることを発見(新開発の撮影技術で、数十年来の脳科学の謎を解決) - 科学技術振興機構JSTプレスリリース2012年1月20日
脳発達の「臨界期」が終了した後でも変化する神経細胞群を発見 - 理化学研究所 プレスリリース 2010年1月27日


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カルシウム蛍光指示薬」の関連用語

カルシウム蛍光指示薬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カルシウム蛍光指示薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS