カッシアとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > カッシアの意味・解説 

カッシア

Cassia sp.

Cassia sp.

カワラケツメイ(カッシア)属は、熱帯から温帯にかけて500種以上が分布しています。熱帯数多く自生しますが、わが国でも「かわらけつめい」や「えびすぐさ」、「はぶそう」などが見られます。は、羽状複葉のものが多く互生します。花はおもに黄色の5弁花ですが、赤色ピンク色のものもあります。またヨーロッパでは古くから、インド原産のティルネルベリ種(C. angustifolia)とアフリカ原産アレクサンドリア種(C. acutiforia)のが、下剤として用いられてきました。
ジャケツイバラ科カワラケツメイ属の常緑草本あるいは小低木から高木で、学名Cassia sp.。英名は Senna, Cassia



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カッシア」の関連用語

カッシアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カッシアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS