オートシェイプとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > オートシェイプの意味・解説 

オートシェイプ

【英】AutoShape

オートシェイプとは、WordExcelPowerPointといった「Microsoft Officeアプリケーションにおける図形描画機能使用できる図形分類のひとつで、矢印吹き出しなど、ビジネス文書でよく使用される図形総称である。

オートシェイプによって図形形成する方法は、大きく分けて2通りある。ひとつは、任意の形状多角形などを作成する場合に、オートシェイプのなかから線を選択し、図形輪郭を描く方法である。もうひとつは、オートシェイプのなかから目的図形選択し、任意のサイズ指定する方法である。

オートシェイプを挿入したい場合には、[挿入]メニューから[図]にある[オートシェイプ]をクリックしてオートシェイプ用のパレット表示させる必要があるウィンドウ表れパレットから目的の線や図形選択し、画面上の任意の位置クリックまたはドラッグすれば、オートシェイプが文書反映される。

オートシェイプの装飾設定したい場合には、目的のオートシェイプを範囲指定した後、[書式]メニューから[オートシェイプ]をクリックして表示される[オートシェイプの書式設定]ウィンドウ表示させることで、内部塗りつぶしの色や、周囲の線の色や太さなどを任意指定することができる。


オートシェイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 17:04 UTC 版)

オートシェイプとはマイクロソフト社のビジネスソフトMicrosoft OfficeのWord、Excel、PowerPointにある機能の一部。




「オートシェイプ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オートシェイプ」の関連用語

オートシェイプのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オートシェイプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオートシェイプの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオートシェイプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS