のだちとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 武道 > 太刀 > のだちの意味・解説 

の だち 【野《太刀》】

平安時代衛府えふ)の官人公家が用いた兵仗太刀。野剣。野外出行にも用いるところからいう。
自衛用の短刀刺刀さすが)。 「臂(ひじ)ちかなる-をとつて/読本弓張月

の だち [0] 【野立ち】

のだて(野立) 」に同じ。 「蒲生飛驒守氏郷(がもうひだのかみうじさと此の処に-せし事有るに因りて金色夜叉 紅葉

野太刀(のだち)

戦場で用いられた実戦刀の一種一般に刀身は長寸で肉厚がっしりとした造り込みとされ、拵は実用耐え得る軽量堅牢な構造とされているものが多い。使用目的威嚇にあったとも言われているが、柄が長く仕立てられており、薙刀長巻のように馬上振り回すなどして用いられた。多く刀身は後に磨り上げられて手持ち良い寸法とされ、また、拵も原姿完存の例は少ない。



のだちと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「のだち」の関連用語

のだちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



のだちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2020 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2020 Weblio RSS