ごまのはいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ごまのはいの意味・解説 

ごま‐の‐はい〔‐はひ〕【護摩の灰/×胡麻の×蠅】

昔、旅人の姿をして、道中で、旅客持ち物盗み取っどろぼう高野聖(こうやひじり)のなりをして、弘法大師護摩の灰といって押し売りして歩いた者があったところからの名という。ごまのはえ


ごま【護摩】 の 灰(はい)

密教で、護摩修する時に焚く護摩木などの灰。

② (高野聖(こうやひじり)の扮装をして、弘法大師の修した護摩の灰称して押売りを行なった者の呼び名からという) 江戸時代、人をだまして金品を取る坊主売僧(まいす)。

浄瑠璃当麻中将姫(1714頃)三「扨は今時はやるごまの灰にだまされ給ふな」

③ (②から転じて) 旅人装い旅客金品盗み取る者の称。多く旅客道づれとなって盗みをはたらいた。ごま。胡麻の蠅

評判記役者舞扇子(1704)京「つづいて二のかはり傾城雪の白山に、ごまのはいとなり、詞をなまりて旅人をたらすてい」

[補注](1)元祿期頃(一六八八‐一七〇四)ゴマノハイが使われ始めるが、ゴマノハエの形が見られるのは、少なくとも江戸に関しては、文化期頃(一八〇四‐一八)であること、「俚言集覧」に、「護摩の灰〈略〉愚案如今音呼胡麻の蠅如くいふ」とあることなどからゴマノハイの方が本来の語形であろう
(2)近世では、一般ゴマが「護摩」と「胡麻」、ハイが「灰」と「両様の意味を表わすことができたところから、「胡麻の蠅」という表現が生じたものと思われる


ごま‐の‐はい ‥はひ 【護摩灰】

⇒ごま(護摩)の灰


胡麻の蝿

読み方:ごまのはい

  1. 昔、道中旅人についた詐欺師胡麻がとまつても一寸わからぬのでこの名がある。人を騙る詐欺漢。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ごまのはい」の関連用語


2
76% |||||

3
18% |||||

4
8% |||||

5
2% |||||

ごまのはいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ごまのはいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS