道中師とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 道中師の意味・解説 

どうちゅう‐し〔ダウチユウ‐〕【道中師】

街道往復して人の用事を足すことを業とした人。飛脚・荷宰領(にさいりょう)の類。


どうちゅう‐し ダウチュウ‥ 【道中師】

〔名〕

① ある区間往復しては、他人の用を果たすことを仕事とした人。飛脚とか荷宰領(にさいりょう)とかをいう。道中

歌舞伎・染竹春駒(1814)三幕揚げ幕より義兵衛、〈略〉一本差し、道中師(ダウチュウシ)の形」

旅の人財物持物を盗む者。ごまのはい

歌舞伎善悪両面児手柏妲妃のお百)(1867)六幕「道中師(ダウチウシ)だとおっしゃるが、重兵衛さん、お前さんもただの旦那ぢゃあござりますまいね」

③ 「はこし(箱師)」の異称


道中師

読み方:ドウチュウシ(douchuushi)

(1)江戸時代飛脚・荷宰領
(2)ごまのはい




道中師と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「道中師」の関連用語

道中師のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



道中師のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS