あおほんとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 古本用語 > あおほんの意味・解説 

あお ほん あを- [0] 【青本】

草双紙の一。赤本次いで黒本とともに延享1744~1748)頃から安永1772~1781初期にかけて江戸流行した。萌葱もえぎ)色の表紙で、歌舞伎・浄瑠璃軍記物などに題材をとり、絵を主とする作者画工兼帯で、鳥居派画風が多い。一冊五丁、数冊をもって一巻とする。

青本(あおほん)

草双紙の一形態。(あおぼん)とも呼ばれる萌黄色表紙であるとことをもって青本と唱え合巻時代至っても草双紙一般名称として使われる。多く演劇物に取材するものの、明和年間頃より漸次当世風俗を織り込んだ内容になり、児童のみを読者想定せず、大人鑑賞にも耐えうる内容となって来ており、やがて黄表紙時代に受け継がれることとなる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あおほん」の関連用語

あおほんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あおほんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2019

©2019 Weblio RSS