あいざわせいしさいとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > あいざわせいしさいの意味・解説 

あいざわせいしさい あひざは- 【会沢正志斎】 ○

(1782~1863) 江戸後期儒学者水戸藩士。名は安(やすし)藤田幽谷学びその思想祖述発展させた。彰考館総裁藤田東湖とともに藩の尊攘運動指導。著「新論」「迪彝篇」など。

あいざわせいしさい 【会沢正志斎】

江戸後期儒学者水戸藩士で同藩を代表する思想家一人。名は安。藤田幽谷学び彰考館入り大日本史編纂従事、のち同館総裁弘道館藩校)の初代総教。『千島異聞』や『新論』で攘夷を説き、尊攘派大きな影響与えた。(一七八二~一八六三

会沢正志斎

読み方:あいざわ せいしさい

幕末水戸藩儒。名は安、通称は恒、字は伯民、別号に欣賞斎・憩斎等。藤田幽谷師事彰考館に学ぶ。天保9年藤田東湖らの協力得て弘道館記」を作る文久3年(1863)歿、81才。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

あいざわせいしさいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あいざわせいしさいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

©2019 Weblio RSS