阿寒国立公園とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 公園 > 北海道の公園 > 阿寒国立公園の意味・解説 

あかんこくりつこうえん -こうゑん 【阿寒国立公園】 ◇

北海道東部にある山岳公園雄阿寒岳雌阿寒岳などの火山阿寒湖屈斜路(くつしやろ)湖・摩周(ましゆう)湖などのカルデラ湖がある。

阿寒国立公園

写真:空から見たペンケトーとパンケトー
空から見たペンケトーパンケトー

地図

阿寒は、と湖と火山公園である。3つのカルデラ湖は、あるものは火口の底に静まりかえり、あるものはマリモを育み、また、あるものはかつて湖底噴火により失った生命を、今取り戻そうとしている。硫気を激しく噴き出す火山は、地球息吹を見る人に伝える。そして、北方針葉樹林が、それらすべてを深い静寂中に包み込んでいる。

マリモを育む阿寒湖

写真:屈斜路湖の御神渡り
屈斜路湖御神渡り

阿寒屈斜路(くっしゃろ)、摩周3つのカルデラ地形基盤とする公園である。昭和9年指定され、52年一部区域追加した。

阿寒カルデラは、雄阿寒(おあかん)岳(1,371m)、雌阿寒(めあかん)岳(1,499m)などの山岳と、阿寒湖ペンケトーパンケトーなどの湖沼、及びそれらを囲む深い森からなる

阿寒湖(13km2)は何よりもマリモで有名である。湖中チウルイ島にはマリモ展示館があり、展示されているマリモ観察することができる。湖岸には小島を配し、東岸に立つ雄阿寒岳を望む眺望すぐれている雌阿寒岳は、今も噴気上げ火山であり、山頂部は荒涼とした荒原である。西麓には針葉樹林中にオンネトーがある。

阿寒湖弟子屈てしかが)を結ぶ阿寒横断道路双湖付近から望む風景は、日本森林景観の中で上位に入るものの一つであろうエゾマツトドマツダケカンバを交えた森林一帯覆い、その中にペンケトー・パンケトーの水面が光る。全体が深い沈黙中に静まりかえっている。少し東寄りの双岳台からは、雄阿寒岳雌阿寒岳同時に望める。

世界的規模の屈斜路カルデラ

写真:硫黄山
硫黄山

屈斜路カルデラ直径が20km以上あり、世界有数規模である。その中心となるのが屈斜路湖である。面積80km2湖岸延長57kmの、日本第6位の広さを持つ湖であり、湖の東南部から釧路川流出している。

阿寒湖異なり、湖周囲森林には広葉樹も多い。冬季、材の中の水分凍結膨張し、立木が音を立てて裂けるほどの厳寒の地であるが、湖岸和琴(わこと)、砂湯池の湯などの温泉湧出するため、小規模不凍水面残りオオハクチョウ越冬する。

昭和6年湖底噴火により、生息する魚類がほぼ全滅したが、最近は再び魚影見られるようになってきている。周辺には北側に藻琴(もこと)山、西に大展望が得られる美幌(びほろ)峠、南岸には湖中突き出し和琴半島がある。

カルデラ形成後に噴出し硫黄山アトサヌプリ・512m)は、今なお硫気を盛んに噴出している。その影響を受ける山麓平坦地には、広大イソツツジ群落広がり標高わずか150mの低地ながらハイマツ生育している。利用シーズンには、川湯温泉街から歩く自然観察会が早朝行われている。

神秘的な摩周湖

摩周湖面積20km2最大深度212m、流入する川も流れ出す川もない湖であり、昭和6年透明度41.6mを記録している。その後十勝沖地震影響などで透明度低下し、近年は25m前後である。

摩周カルデラは、屈斜路カルデラ南東壁上に形成されたもので、この公園カルデラの中では最も小さい。しかし、外壁上に設けられた展望台から見下ろす湖の神秘性は、ほかでは見られないものである立ち込めるによって湖面が隠される日の少なくないことも、神秘性を高めている。また、湖面だけでなく、背後広がる風景も、いかにも東北海道らしい雄大なものだ。

公園内には阿寒湖畔、雌阿寒温泉、川湯など各地温泉湧出している。また、阿寒湖畔では泥火山ボッケ)も見られる豊かな森林に覆われているこの地方には、鳥類多くシマフクロウクマゲラ生息している。

写真:摩周湖
摩周湖

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク


阿寒国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/08 01:07 UTC 版)

阿寒国立公園(あかんこくりつこうえん)は北海道東部にある国立公園である。面積904.81 km2。地理的な特徴として火山が豊富に存在する。




[ヘルプ]
  1. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第568号「大雪山國立公園指定」
  2. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第569号「日光國立公園指定」
  3. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第570号「中部山岳國立公園指定」
  4. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第571号「阿蘇國立公園指定」
  5. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第567号「阿寒國立公園指定」
  6. ^ 1950年(昭和25年)7月14日郵政省告示第210号「阿寒国立公園の風景を画題とする二円郵便切手等発売」
  7. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数 (PDF) "自然公園等利用者数調(2013年3月16日閲覧。)


「阿寒国立公園」の続きの解説一覧





阿寒国立公園と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

阿寒国立公園に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「阿寒国立公園」の関連用語

阿寒国立公園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

富士箱根伊豆国立公園

大山隠岐国立公園

西海国立公園

山陰海岸国立公園

雲仙天草国立公園

西海国立公園

阿蘇くじゅう国立公園

吉野熊野国立公園





阿寒国立公園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般財団法人自然公園財団一般財団法人自然公園財団
Copyright 2016 一般財団法人 自然公園財団 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿寒国立公園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS