雌阿寒岳とは?

雌阿寒岳(北海道)

1499m 北緯432312秒 東経1440032秒 (雌阿寒岳) (世界測地系

雌阿寒岳地図 雌阿寒岳写真

概 要

 長径(北東南西)24短径13阿寒カルデラ南西壁上に生じた玄武岩からデイサイト(SiO2 5070%)の成層火山群。 中央部の中マチネシリ火口山頂のポンマチネシリ火口噴気活動が盛んで、山腹山麓にも噴気孔温泉が多い。有史後の噴火水蒸気爆発である。



最近1万年間の火山活動

  約1.2万年前から20003000年間隙をもって「中マチネシリ火砕流」を3時期わたって噴出した。 このうち約12000年前の活動が最も大きく火砕流四方流出し、プリニー式噴火による降下軽石スコリア溶岩流噴出した。 その後9000前に螺湾(らわん)川沿いに、更に50006000前に茂足寄(もあしょろ)川沿い火砕流流下した。 30007000前には、降下火砕物溶岩によって、西山北山・ポンマチネシリの各火山体が形成され、10002500年前には、阿寒富士火山体が形成された。 阿寒富士活動以降1000年間の活動は、初期を除いてすべて水蒸気爆発マグマ水蒸気爆発による噴火である。
 700年前にはポンマチネシリ旧火口形成し、400年前に赤沼火口開口山麓火山灰堆積するとともに泥流発生した。 1694~1856年の約160年の間に堆積した火山灰は1のみである。 1856年以降1955年噴火までの約100年間に、小規模水蒸気爆発少なくとも10発生している。 これらの活動は、旧火口内の青沼火口等や中マチネシリ火口内の爆裂火口などで行われたものと推測される(和田ほか、1997)。



記録に残る火山活動


 <日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)、雌阿寒岳(北海道防災会議編、1976)およびその後火山観測成果による。>


火山観測

 気象庁では,地震計5点、空振計1点、GPS6点、遠望カメラ1点を設置し、札幌管区気象台までテレメータして常時観測を行っている(平成18年6月1日現在)。



火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。




雌阿寒岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/09 05:25 UTC 版)

雌阿寒岳(めあかんだけ)は、北海道、阿寒の活火山標高1,499m。古くはアイヌ語でマチネシリ。玄武岩からデイサイト(SiO2 50 - 70%)の成層火山群、1000 - 2500年前には、阿寒富士火山体が形成。日本百名山に選定されている[3]




[ヘルプ]


「雌阿寒岳」の続きの解説一覧





雌阿寒岳と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

雌阿寒岳に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「雌阿寒岳」の関連用語

雌阿寒岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

硫黄島

吾妻山

噴火浅根

阿武火山群

諏訪之瀬島

八幡平

十勝岳

諏訪之瀬島





雌阿寒岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雌阿寒岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS