鎖骨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > 鎖骨の意味・解説 

さ こつ [0] 【鎖骨】

胸骨肩甲骨とをつなぐ左右一対の骨。ゆるく S 字状に曲がる。

鎖骨

英訳・(英)同義/類義語:clavicle

ヒトの骨格で、肩甲骨と共に肩帯構成する一つの骨。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  配偶体  配偶子のう  重層へん平上皮  鎖骨  閉鎖血管系  開放血管系  間充織

鎖骨

 鎖骨は頬骨上縁ところにある棒状の骨。鎖骨の内側端を鎖骨端といい、その内側面には四角形胸骨関節面があって、胸骨鎖骨切痕連結する。また、外側端を肩峰端といい、その外側面には楕円形の肩峰関節面があって肩甲骨連結する。
 鎖骨下面胸骨端の近くには胸鎖靱帯圧痕肩峰端のすぐ近くには円錐靱帯結節という粗面があり、それぞれ同名靱帯付着する。
 鎖骨は結合組織生骨であり、全身の骨の中では最も早く骨化がはじまる(胎生第5週)が、骨化完了する時期25以後長骨の中では一番遅い。鎖骨は一般長骨異なり髄腔がなく、内部海綿質みたされている。哺乳類のうち上肢歩行以外にも使用する(たとえば、物をつかんだり、からだの前で上肢交差させる動作など)動物では鎖骨は発達しているが、上肢前後方向に動かして歩行だけに使用する動物では鎖骨はないか、あっても痕跡的である。したがって霊長目齧歯目では鎖骨が発達し、食肉目有蹄目には鎖骨がない。
 語源はClavis(腱、カンヌキ)の縮小形で小さな鍵という意味。
臨床]鎖骨と鎖骨下血管:鎖骨下筋と鎖骨の下面でこの筋を包んでいる鎖骨胸筋筋膜は、鎖骨下血管と腕神経叢の“根”防御クッションのようにおおっており、その結果、鎖骨の骨折片によって危険に晒されることは通常ない。鎖骨下静脈第一肋骨骨膜と鎖骨胸筋筋膜付着しているので、常に内腔が開いた状態になっている。鎖骨が第一肋骨から引っ張られるような運動の度に、筋膜牽引力によって、この静脈の腔は拡大静脈血還流促進する。鎖骨下静脈障害されてもつぶれないので傷害部位から空気引き込まれることがある空気塞栓の危険)。





鎖骨

【仮名】さこつ
原文clavicle

襟元にある骨。

鎖骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/11 00:43 UTC 版)

鎖骨(さこつ)は四肢動物肩帯を構成する骨の一つ。


  1. ^ a b 森ら, p.124
  2. ^ 森ら, p.297
  3. ^ 森ら, p.334
  4. ^ a b 森ら, p.309
  5. ^ 森ら, p.265


「鎖骨」の続きの解説一覧





鎖骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鎖骨」の関連用語

鎖骨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

足の骨

脛骨

楔状骨

肋硬骨

側頭骨

眼窩

骨盤

胸郭





鎖骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎖骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS