農作業用上衣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > > 農作業用上衣の意味・解説 

農作業用上衣 (のうさぎょうよううわぎ)

農作業用上衣 秋田県中央地域着用された水田作業着である。頭から顔にかけて、長てぬぐいという珍しいかぶりもの着装する。上衣は紺木綿刺し子したもの下衣は紺木綿のすねこでたちをはく。半幅裂き織りの帯を結び、刺し子の前かけをかけ、長手甲、脚絆をつけて身支度出来上る形状は、半袖袖下四角三角に折った襠(まち)を挿入してある。衽(おくみ)なしの半襦袢形式で、衿は身頃にくい込む方法である。裾部は15cmの馬乗りがあり、袖下の襠とともに機能性重視してある。衣材料は、表を紺木綿、裏は浅黄木綿を2合わせて、横段に1.5cm間隔ぐし縫いによる刺し子行ない、布の経済性を増すと同時に装飾性を示している。また、袖口・裾・馬乗りへりとりをしている。





農作業用上衣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

農作業用上衣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

なた

代ならし器

とうし

桑切鎌

宝村式蒸機

唐鋤

移植型

培土プラウ





農作業用上衣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS