足踏式製縄機とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 足踏式製縄機の意味・解説 

足踏式製縄機 (あしふみしきせいじょうき)

足踏式製縄機 藁縄をなうために利用した。人力用および動力用がある。荷作縄用の標準型のほか、のたて縄をなうための細縄専用縄ない機、毛羽取り器付など各種類がある。昭和25年購入された人力足踏み式である。福山市栗原優勝号の銘がある。両足交互に踏むと、ラッパ管でに下よりがかかり、同時に上よりがかかり、縄となり、毛羽が切りとられた仕上り縄が巻取胴に巻取られる。巻取胴の主軸が、縄の進行方向一致する縦巻式である。このほか、仕上がり縄が竹籠中に巻きこまれる籠取り式がある。ラッパ管には、3~4種の太さ、および烏(からす)口・口の2種がある。縄の太さ調節することができる。高さ74cm、長さ100cm、幅49cmである。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

足踏式製縄機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



足踏式製縄機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS