豆玉ケズリとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 豆玉ケズリの意味・解説 

豆玉ケズリ (まめたまけずり)

豆玉ケズリ 直径40~50cmの硬い円盤状の大豆メ粕を、肥料にするために削る道具である。大豆粕削り豆板削りとも呼ばれている。ところによっては、家畜飼料にも利用され、動力でメ粕を回転させながら切削するものもあったが、本器は、てこを応用して又木の間にはさんだメ粕を固定刃で削った。使用されたのは、明治後期から大豆粕輸入されている期間で、昭和10年代後半までとなっている。高さ84cm、全長71cm、全幅14.7cm、刃の幅10cmである。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

豆玉ケズリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



豆玉ケズリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS