溶射とは?

よう しゃ [0] 【溶射】

( 名 ) スル
金属の表面に,溶融した金属セラミック材料微粒子などを吹きつけ皮膜作ること。防錆表面硬化などの目的で用いられる。

溶射

溶射とは、溶融状態にした金属材料を、工作物表面高速度吹き付けて薄い皮膜をつくる、金属表面処理法の一種でありメタリコンとも呼ばれる
  溶射では、液状もしくは粒子状の材料皮膜生成を行うので、蒸着スパッタリングといったプロセス比べ被膜生成速度格段に早く一方で工作物表面溶融しないので、溶射された材料工作物機械的付着するため、溶射材料工作物ともに素材制限がほとんど無いことが特徴である。このため適切な加工条件を整えさえすれば、金属以外の、紙やプラスチックといった材料金属セラミック被膜付けることも可能となる。
  溶射方法としては、熱源ガスを用いるものと電気を用いるものとがある。ガス式のものはフレーム溶射(flame spraying)または炎めっきと呼ばれ、燃料燃焼させ、それを熱源として溶射を行う。また、酸素アセチレン混合ガス爆発力利用する爆発溶射と呼ばれる方法もある。電気式のものは、溶射材料電極間にアーク発生させ、その熱で溶融させた後、高速ガス微粒子化して吹き付ける方法(アーク溶射)などがある。
  高融点材料 の溶射には、超高温プラズマ熱源とするプラズマ溶射も行われるアルゴンなどを作動ガスとして、これを放電によりプラズマ化させてノズルから噴射し、このプラズマジェットに溶射材料投入して溶融させ工作物吹き付ける方法である。
  溶射は各種電子機械部品のほか、エンジン内壁など耐久性耐熱性コーティングとして、また溶射方法によっては現場での施工も可能なため橋梁など建築物への耐食性加工として行われることもある。

フレーム溶射(粉末式)

適している分野・使用事例

耐食性目的とした建築物へのコーティング耐摩耗性目的とした圧延ロール機械部品へのコーティング耐熱性目的としたエンジン部品などへのコーティング等。

※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

溶射

酸化物などの無機材料金属などの粉末高温ガス中で溶かし高速母材吹き付け成膜する手法直流アークプラズマにより加熱するプラズマ溶射と アセチレン炎を用いるフレーム溶射がある。
固体電解質型燃料電池SOFC)の製造に溶射を用いる場合には通常電解質やインタコネクタの形成プラズマ溶射、電極形成フレーム溶射を 用いる場合が多い。

溶射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/29 02:11 UTC 版)

溶射(ようしゃ、Thermal spraying)とは、加熱することで溶融またはそれに近い状態にした粒子を、物体表面に吹き付けて皮膜を形成する表面処理法の一種である。吹き付けられる物質は「溶射材」と、被施工物は「基材」と呼ばれる[1]


  1. ^ 日本溶射協会編、『溶射技術入門』、2006年8月1日初版1刷発行、ISBN4-9903127-0-8
  2. ^ 仁平宣弘著、『表面処理の本』、日刊工業新聞社、2009年8月30日初版1刷発行、ISBN 9784526063138
  3. ^ 高速フレーム溶射は本来フレーム溶射の一種であるが、特徴がかなり異なることから、別扱いになっている。
  4. ^ 溶射. 48.2.(2011). 72
  5. ^ 加瀬勉 『腐蝕と防蝕法』p.269-p.277 大倉書店、1929年。


「溶射」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「溶射」の関連用語

溶射のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ショットブラスト

酸洗

真空成形

旋盤加工

射出成形

ブロー成形

ロストワックス法

溶射





溶射のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2016 TECH PLAZA
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2016 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶射 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS