樋口一葉とは?

ひぐちいちよう -いちえふ 【樋口一葉】 ○

1872~1896小説家歌人東京生まれ本名,奈津。中島歌子萩の舎塾に入門半井桃水や「文学界同人感化を受ける。「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」などに明治の女性を哀感込めて描く。その「日記」も文学的価値が高い。

樋口一葉

作者島京子

収載図書木曽秋色
出版社編集工房ノア
刊行年月2005.6


樋口一葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/13 12:59 UTC 版)

樋口 一葉(ひぐち いちよう、1872年5月2日明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日)は、日本小説家。東京生まれ。本名は夏子、戸籍名は奈津。




[ヘルプ]
  1. ^ 日本資本主義の生成と不動産業旗手勲、国連大学人間と社会の開発プログラム研究報告、1981年、ジェトロ・アジア経済研究所
  2. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.30
  3. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.30
  4. ^ 「婦人と文学」宮本百合子
  5. ^ 『列伝偉人の結婚生活』村上計二郎著、日本書院、大正14
  6. ^ 「婦人と文学」宮本百合子
  7. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.32
  8. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.32
  9. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.32
  10. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.63
  11. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  12. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  13. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  14. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  15. ^ 『樋口一葉と甲州』、pp.50 - 51
  16. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.40
  17. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  18. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)249頁
  19. ^ 樋口一葉夭逝す新聞集成明治編年史第九卷、林泉社、1936-1940
  20. ^ 22歳の春に自分で「法通妙心信女」という戒名(ママ)をつけていたが、井上ひさしはこの戒名に「あなたの文学を解読する鍵がある。あなたは生きながら死んでいたのですね。だからこそこの世がよく見えたのでしょう」と『the座』創刊号の一葉との架空対談で語った(笹沢信『ひさし伝』新潮社 2012年p.287)。
  21. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  22. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  23. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  24. ^ 「大藤村講演會の一幕」『随筆』戸川秋骨著 (奎運社, 1924)
  25. ^ 『列伝偉人の結婚生活』村上計二郎著、日本書院、大正14
  26. ^ 戦前都道府県知事総覧
  27. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  28. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  29. ^ a b 読売新聞2002年8月2日
  30. ^ 現在の毎日新聞とは別の新聞。
  31. ^ 邦楽ジャーナル11月号


「樋口一葉」の続きの解説一覧





樋口一葉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

樋口一葉に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「樋口一葉」の関連用語

樋口一葉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

尾崎行雄

板垣退助

井上哲次郎

徳川昭武

宮城道雄

円城寺清

松岡洋右

広沢真臣





樋口一葉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樋口一葉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS