楡とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > の意味・解説 

にれ [0] [1] 【楡

ニレ科ニレ属植物の総称北半球温帯に約20種がある。ハルニレ・アキニレ・オヒョウの3種日本自生街路樹公園とし,材は器具家具あるいは薪炭材とする。


ハルニレ

別名:アカダモ, 楡
【英】:Ulmus japonica
(ニレ科)


北海道本州四国九州、さらにサハリン朝鮮中国などに分布しています。その蓄積日本では北海道で一番多くそのため北海道イメージ現すときにニレとかエルムという形でこの木の名前が使われているのをご存じでしょう。同じ属のなかにはこのハルニレのほかにアキニレ(U. parvifolia)とオヒョウニレ(U. laciniata)があります

木材
心材辺材の間の境界明らかに見えます。前者はくすんだ褐色で、後者はくすんだ白色です。大き道管環状配列するため、年輪ははっきりとしています。木理通直で、肌目は粗です。幹にコブのあるような場合には、美しが材面にあらわれ化粧的な価値が高くなります。そのあらわれ方によって色々な名前が付けられています。気乾比重は0.42-0.63(平均値)-0.71でやや重硬な木材です。保存性は低いといえます。切削などの加工どちらかといえば難しいといえます。曲木できます表面仕上りはあまりよくありません。

用途
家具器具車両などがあります最近内装家具などで、淡色木材が好まれた時期があり、柾目どりをした単板天然木化粧合板かなりの量使われました。またその時にムクの板も家具などに使われ、ちょっとしたブームになりました。


作者山本道子

収載図書女神
出版社講談社
刊行年月1997.6


ニレ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/10 22:21 UTC 版)

ニレ(楡)はニレ科ニレ属の樹木の総称である。


  1. ^ a b c 北村四郎・村田源(1980)原色日本植物図鑑 木本編2. 保育社. 大阪.
  2. ^ http://www.tsukemono-japan.org/pickle_history/
  3. ^ a b c d e f g 豊国秀夫(編).(2009) 復刻・拡大版植物学ラテン語辞典. ぎょうせい. 東京.
  4. ^ a b c 宮部金吾工藤祐舜・原田忠助(1988)普及版北海道主要樹木図譜. 北海道大学図書刊行会.札幌.
  5. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) (2015年2月7日).



出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 02:53 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「楡」の関連用語

楡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブナ

キリ

カキ

ヒメコマツ

シデ類

イチイ

ミズナラ

カヤ





楡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2017 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニレ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS