山中和紙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 山中 > 山中和紙の意味・解説 

山中和紙(さんちゅうわし)

所在地 岐阜県吉城郡河合村  
【主製品】 民芸紙・膏薬
山中和紙の名は、飛騨紙(ひだがみ)の産地の中で、いちばん山の中で生産されていたことからついた、といわれています。

飛騨製紙は、中世鎌倉時代初期建仁2年(1202)頃から盛んになり始め室町時代応永12 年(1405)頃には、貴族間での贈物となっています。天正14年(1586)に飛騨高山領主となった金森長近製紙奨励しました。享保 12年(1727)の資料では、角川稲越などで丈長、端不切(はしきらず)など、かなり高級な紙を漉いていました。
山中和紙
山中和紙 幕末から明治にかけて、飛騨には 24ヵ紙漉きがありましたが、現在は河合村のみとなりました。現在、年間漉いているのは1戸、冬期間漉いているのが1戸です。

雪晒ししたコウゾ原料に、昔ながらの紙つくりをしています。 大きな特徴として、冬、雪上コウゾ晒し、自然漂白することがあげられます。特に寒中仕事はつらいものです。身を切るような冷たい、身も凍るような冷たいの中での作業は、決して楽なものではありません。





山中和紙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山中和紙」の関連用語

山中和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

阿波和紙

丸森和紙

遠野和紙

能登仁行和紙

高松和紙

ちくさ雁皮紙

駿河柚野紙

西島和紙





山中和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS