倒卵形とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > > 倒卵形の意味・解説 

とうらん けい たうらん- [0] 【倒卵形】

卵を逆さにした形。植物のなどで先の方が丸く広く,下の方がすぼまった形。

(倒卵形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/18 03:49 UTC 版)

(は)は、一般的には、植物がもっている、光合成呼吸を行う器官のことをいう。扁平で、葉脈が張り巡らされており、葉の隅々まで行き渡っている。




[ヘルプ]
  1. ^ 熊沢正夫 『植物器官学』(1979)
  2. ^ 前川文夫 「コクサギ型葉序と其意義」(1948)
  3. ^ 日本植物学会編 『植物学の百科事典』







倒卵形と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「倒卵形」の関連用語

倒卵形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピボットビーム式サスペンション

重晶石

オオクワガタ

アミモンガラ

救出ロボット

筋

ゴールデン・インパイクティス・ケリー

EC135





倒卵形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS