メンデルの法則とは?

メンデルの ほうそく -はふそく 【メンデルの法則】

メンデル1865年発見した遺伝の法則。親の形質遺伝子によってある規則性をもって子や孫に伝わるというもの。優性の法則分離の法則独立の法則三つ法則からなる優性の法則に関して優劣関係のはっきりしないものが多いので,これを除く場合もある。メンデリズム。 → 優性の法則分離の法則独立の法則

メンデルの法則

同義/類義語:Mendelの法則
英訳・(英)同義/類義語:Mendel's laws of heredity, Mendel's law

メンデルエンドウ表現形の解析から発見した遺伝に関する法則で、分離独立優性の3つからなる19世紀半ば提唱され20世紀になって再発見された。

メンデルの法則

【英】: Mendel's Laws
オーストリア研究者メンデル(G. J. Mendel(1822-1884))発見した遺伝現象法則。この法則は、「優性の法則」、「独立の法則」、「分離の法則」の3つからなる。各法則概要以下のとおりである。
(1)優性の法則
劣性遺伝子優性遺伝子影響発現しないこと。このため、親の形質のうち、優性形質のみが子に現れるという法則
(2)分離の法則
(1)に従って生まれ第1世代同士交配させることによって、第1世代では表れなかった劣性の形質が第2世代現れること。
(3)独立の法則
(1)、(2)に従う遺伝子の他にも、形質関わる遺伝子存在する場合遺伝子それぞれ独立し、子に受け継がれること。

この法則は、1865年発表されたものの、1900年まで注目されなかった。しかし、遺伝学発展とともに、この法則科学的証明するなど、現在も、この法則に関する研究報告されている。

 

メンデルの法則
拡大表示

遺伝

遺伝子


メンデルの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/19 14:04 UTC 版)

メンデルの法則(メンデルのほうそく)は、遺伝学を誕生させるきっかけとなった法則であり、グレゴール・ヨハン・メンデルによって1865年に報告された。分離の法則独立の法則優性の法則の3つからなる。




  1. ^ 中村運 「生命科学の基礎」2003年 p41
  2. ^ 例えば、以下の教科書には全て「分離の法則」「独立の法則」と記されているが、優性に関しては「法則」とは書かれていない。「キャンベル生物学」2007年、J.F. クロー「遺伝学概説」1991年、「ハートウェル遺伝学」2010年、「アメリカ版 大学生物学の教科書 分子遺伝学」2010年 (原著「LIFE」)、澤村京一「遺伝学」2005年
  3. ^ 「優性の法則」を法則と呼ぶことの問題点は他にもある。1組の対立遺伝子がある形質に完全優性を示しても、別の形質に対してはそうとは限らない。例えば豆の丸とシワを決める対立遺伝子は、その遺伝子が生産する酵素の量に注目すれば完全優性にはなっていない。
  4. ^ Carlson, Elof Axel (2004). “Doubts about Mendel's integrity are exaggerated”. Mendel's Legacy. Cold Spring Harbor, NY: Cold Spring Harbor Laboratory Press. pp. 48–49. ISBN 978-0-87969-675-7. 
  5. ^ a b c d Fisher, R.A. (1936). “Has Mendel's work been rediscovered?”. Annals of Science 1 (2): 115–137. doi:10.1080/00033793600200111. https://digital.library.adelaide.edu.au/dspace/bitstream/2440/15123/1/144.pdf. 
  6. ^ Thompson, EA (1990). “R.A. Fisher's contributions to genetical statistics”. Biometrics 46 (4): 905–14. doi:10.2307/2532436. PMID 2085639. 
  7. ^ Charles E. Novitski (2004). “Revision of Fisher's Analysis of Mendel's Garden Pea Experiments”. Genetics 166 (3): 1139-1140. http://www.genetics.org/content/166/3/1139. 
  8. ^ E. Novitski (2004). “On Fisher's Criticism of Mendel's Results With the Garden Pea”. Genetics 166 (3): 1133-1136. http://www.genetics.org/content/166/3/1133. 
  9. ^ Pilgrim, I (1984). “The too-good-to-be-true paradox and Gregor Mendel”. The Journal of Heredity 75 (6): 501–502. PMID 6392413. http://jhered.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=6392413. 
  10. ^ Magnello, ME (1998). “Karl Pearson's mathematization of inheritance: from ancestral heredity to Mendelian genetics (1895-1909)”. Annals of Science 55 (1): 35–94. doi:10.1080/00033799800200111. PMID 11619806. 
  11. ^ a b Hartl, Daniel L.; Fairbanks, Daniel J. (2007). “Mud sticks: On the alleged falsification of Mendel's Data”. Genetics 175 (3): 975–979. PMC 1840063. PMID 17384156. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1840063. 
  12. ^ Piegorsch, WW (1990). “Fisher's contributions to genetics and heredity, with special emphasis on the Gregor Mendel controversy”. Biometrics 46 (4): 915–924. doi:10.2307/2532437. PMID 2085640. 
  13. ^ Price, Michael (2010). “Sins against science: Data fabrication and other forms of scientific misconduct may be more prevalent than you think”. Monitor on Psychology 41 (7): 44. http://www.apa.org/monitor/2010/07-08/misconduct.aspx. 
  14. ^ Porteous, JW (2004). “We still fail to account for Mendel's observations.”. Theoretical Biology & Medical Modelling 16 (1): 4. doi:10.1186/1742-4682-1-4. PMC 516238. PMID 15312231. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=516238. 
  15. ^ Fairbanks, D. J.; Schaalje, G. B. (2007). “The tetrad-pollen model fails to explain the bias in Mendel's pea (Pisum sativum) experiments”. Genetics 177 (4): 2531–2534. doi:10.1534/genetics.107.079970. PMC 2219470. PMID 18073445. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2219470. 
  16. ^ Novitski, Charles E. (2004). “On Fisher's criticism of Mendel's results with the garden pea”. Genetics 166 (3): 1133–1136. doi:10.1534/genetics.166.3.1133. PMC 1470775. PMID 15082533. http://www.genetics.org/cgi/reprint/166/3/1133 2010年3月20日閲覧. "In conclusion, Fisher’s criticism of Mendel’s data—that Mendel was obtaining data too close to false expectations in the two sets of experiments involving the determination of segregation ratios—is undoubtedly unfounded" 
  17. ^ Franklin, Allan; Edwards, AWF; Fairbanks, Daniel J; Hartl, Daniel L (2008). Ending the Mendel-Fisher controversy. Pittsburgh, PA: University of Pittsburgh Press. p. 67. ISBN 978-0-8229-4319-8. https://books.google.com/books?id=C4m6NlmGhjgC&dq. 
  18. ^ Monaghan, F; Corcos, A (1985). “Chi-square and Mendel's experiments: where's the bias?”. The Journal of Heredity 76 (4): 307–309. PMID 4031468. http://jhered.oxfordjournals.org/content/76/4/307.abstract. 
  19. ^ Novitski, C. E. (2004). “Revision of Fisher's analysis of Mendel's garden pea experiments”. Genetics 166 (3): 1139–1140. doi:10.1534/genetics.166.3.1139. PMC 1470784. PMID 15082535. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1470784. 







メンデルの法則と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

メンデルの法則に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メンデルの法則」の関連用語

メンデルの法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キッチンパネル

ジン

淮猪

KTM 85 SX

ゲンコツ

ヒメジ

掛けものチョコレート

ナイフ





メンデルの法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメンデルの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS