ヘッドマウントディスプレイとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > コンピュータ > 周辺機器 > コンピュータゲームの周辺機器 > ヘッドマウントディスプレイの意味・解説 

HMD

フルスペル:Head Mounted Display
読み方:ヘッドマウントディスプレイ

HMDとは、表示装置ディスプレイ)の一種で、両眼に多いかぶせるように装着して大画面立体画像などを演出するディスプレイ総称である。

HMDの多くゴーグルヘルメット形状をしている。ディスプレイ頭部head)に乗せ(mount)、左右の目で別々なディスプレイ見せる。HMDには大きく分けて2つの用途がある。ひとつは物理的空間を必要とせずに超大画面映像体験ができるディスプレイとしての用途であり、もうひとつ視覚効果による3次元空間演出である。

画面ディスプレイ効果としては、左右ディスプレイは同じ画像表示するが、それぞれ妙な角度がついており、この角度視差利用して遠近法操作し(実際は目のすぐ前にある小さなディスプレイを)数メートル向こうに存在するかのように錯覚させている。これによって眼前いっぱい広がるスクリーンを「近さではなく大きさ」のためと認識されるようになっている

このタイプのHMDは、ソニーオリンパステレビ接続して利用できる製品発売したこともあったが、現在はほとんどの製品販売終了している。

3次元空間演出するためのHMDは、左右ディスプレイそれぞれ別の画像表示させる。二つ画像それぞれ角度色相異なっており、遠近感操作によって、その対象物目前立体物として存在しているかのような視覚効果演出している。頭を回すと画面連動して流れるような効果も出すことができる。

HMDはバーチャルリアリティVR)の視覚部門実現する装置として長らく注目集めている。ウェアラブルコンピュータひとつとしてセンサーつきのグローブ連動させたり(仮想3D物体触れることもできるようになる)する研究開発が進められている。

なお、1995年には、任天堂がヘッドマウント式ディスプレイ採用した家庭用ゲーム機バーチャルボーイ」を発売している。机上において覗き込む方式なので厳密に言えば「ヘッドマウント」とはいえないが、覗き込む赤色単色3D空間繰り広げられるバーチャルマシンだった。ちなみにバーチャルボーイ開発した人物横井軍平である。

表示装置のほかの用語一覧
ディスプレイ:  FSTN液晶  GVIF  GTG応答速度  HMD  HR-TFT液晶  HPA液晶  薄膜ダイオード

ヘッドマウントディスプレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/08 08:02 UTC 版)

ヘッドマウントディスプレイ(頭部装着ディスプレイ、Head Mounted Display、HMD)は、頭部に装着するディスプレイ装置のことである。ウェアラブルコンピュータの一つ。スマートグラスとも呼ばれる。




「ヘッドマウントディスプレイ」の続きの解説一覧





ヘッドマウントディスプレイと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヘッドマウントディスプレイに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヘッドマウントディスプレイ」の関連用語

ヘッドマウントディスプレイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Windows 98 SE

Zグラフ

Windows Phone 8

Cruzer

iPhone 3G

prosolid

GALAXY Gear

NAS





ヘッドマウントディスプレイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリHMDの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘッドマウントディスプレイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS