なつゆきかずらとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > なつゆきかずらの意味・解説 

なつゆきかずら (夏雪葛)

Polygonum aubertii

Polygonum aubertii

中国西部ヒマラヤ分布しています。生育きわめて旺盛で、寒さにも強く長さ15メートル以上になります。は心形で薄く先端が尖っています。夏から秋にかけて、穂状花序香りのある白い花を咲かせます。名前は、遠くから見るとが積もっているように見えることから。
タデ科タデ属落葉蔓性木本で、学名Polygonum aubertii。英名は Silver lacevine
タデのほかの用語一覧
ソバ:  蕎麦  赤地利蕎麦  赤花蕎麦
タデ:  夏雪葛  姫蔓蕎麦  溝蕎麦  




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

なつゆきかずらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




なつゆきかずらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2014 shu(^^). All rights reserved.

©2014 Weblio RSS