犬夜叉 用語

犬夜叉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/27 15:00 UTC 版)

用語

四魂の玉(しこんのたま)
声 - 古谷徹
本作の枢軸となる妖力を高める玉。
妖怪には強い力を与え、どんな願いも叶えると言われることから人間や妖怪の間で幾度となく玉を巡る争いが繰り広げられてきた。桔梗の亡骸と共に燃やされ一度は消滅したが、50年後に現代から来たかごめの体内から再び出現し、無数のかけらに砕け散り新たな争いを呼び起こす。
不滅とされており、砕け散り、災いを振りまきながら再び玉へと戻り、時空すら越える。同時に現代において、所有者が「正しい願い」を願った時、玉はこの世から消滅するという伝説が残っている。
1000年前に巫女(翠子)が多数の妖怪が合体した妖怪との戦いで、魂を奪われそうになった時、最期の力で妖怪の魂を自分の魂とともに玉として外へ吐き出したものである。翠子の霊力と妖怪の妖力が集約され、それが持ち主に願いと力を与える。玉の中では翠子の魂と妖怪たちの魂が今でも戦い続けている。
善悪の概念は無く、その存在は手に取った者の心に左右され、妖怪や悪人が持てば汚れが増し、清らかな魂を持つ者が持てば浄化される特性を持つ。願いを叶えることも事実ではあるが、持った者の欲望を玉に閉じ込めて存在を保つためであり、さらに欲望をかきたてるべく所有者の本当の願いだけは叶えない。善行に使用された例はない(弥勒談)。四魂とは、荒魂(あらみたま)・和魂(にきみたま)・奇魂(くしみたま)・幸魂(さきみたま)を指す。玉が蘇る周期は500年である(作者談)。
この世にあり続けるために奈落すら操った、物語の根幹を成す真の黒幕。最終的には奈落によって1つの玉に戻ったが、かごめが四魂の玉の消滅を望んだことにより、玉を巡る戦いが終わる。
正しい願い(玉の消滅)以外、玉の破壊は不可能であり、殺生丸の爆砕牙でさえ傷一つ付かない。
四魂のかけら
かごめの矢によって細かく砕け散った、四魂の玉の破片。持つ者に強大な力を与える(例:能力の強化、病や怪我の進行の抑制、死者蘇生など)。かけらの合計数は24個である。アニメでは映画も含め3個増え、合計は27個である。
四魂の玉の偽物
アニメオリジナルキャラクター、牛王(出雲)が製作した紛い物。未完成品であり犬夜叉が軽く握っただけで壊れてしまうが、本物の四魂のかけらと同程度の力を有している。作中では牛王(出雲)の部下の妖怪達が持っている他、牛王(出雲)の棍棒にも多数埋め込まれている。
黒真珠(くろしんじゅ)
妖怪の墓場(あの世とこの世の境)に繋がっている。犬夜叉の右目に隠されていたが、犬夜叉に鉄砕牙を与えるという役目を終えたことにより消滅(アニメでは犬夜叉の右目に戻り一体化した。その為再度使用することは出来ない。)。
宝仙鬼とその息子が作っており、1つ作るのに100年かかる。
死人(しびと)
一度死んだ人間が何らかの方法で、生前の姿で蘇った存在(例:桔梗や七人隊)。
りんや琥珀は作中で数回死んでいるが、その度に完全に蘇生しているため、死人ではない。一見すると普通の人間との区別はつかないが、脈がなく骨と墓土の匂いしかしない。清浄な力にも弱い。
桔梗は、鬼女裏陶の鬼術によって、遺骨と墓土と火を元に体が作られた存在である。七人隊は、遺骨に奈落が四魂のかけらを埋められたことで蘇り、傷つくと流血する。
(かみ)
人間でも妖怪でもない存在。人間によって社に祀られ、その土地を守る。湖の神殿に住む水神、宿り蛹に寄生された狐神、御神体を漬物石に使われていた猿神などが該当する。珊瑚曰く「怒らせると妖怪よりも始末が悪い」。姿形は妖怪に近いが邪気や妖気はなく、巫女などの霊力に近い技を使い、扱う神器は妖気を浄化する。
精霊(せいれい)
神の眷属であり、神に仕える存在。人間並の知能を有するが妖気はない。神とは神器の有無以外はほとんど相違なく、神器を得た精霊は神と同等の能力と権力を持つ。水神に仕えていた半魚人や、猿神に仕える小猿の三精霊などが該当する。
半妖(はんよう)
人間の血を継ぐ妖怪の総称。主に人間と妖怪の間に生まれた者を指すが、奈落のように人間の体と魂をつなぎに誕生した者も含まれる。妖怪でも人間でもない概念から、双方から蔑まれ迫害されている。七宝も当初は犬夜叉を蔑み、殺生丸も一族の恥さらしと蔑んでいた。人間に比べると寿命は非常に長く、力も妖怪に劣っていない。
妖怪としての能力を失い、普通の人間のようになることがある。人間界・妖怪界の双方から疎まれている半妖にとっては、自らの生存に関わることなので、決して他の者に明かさない(例:犬夜叉の場合は朔の日(新月)、奈落はその時期を自らの意志で自由に選ぶことができる)。
基本的には半妖としての時と妖力を失った時の2つの姿を持つが、犬夜叉の様に受け継いだ血の妖力が強力だと血の力が体を支配している妖怪としての姿を持つこともある。
映画4作目では蓬莱島が半妖の隠れ家である居場所だった。
作中では犬夜叉や奈落を始め、地念児や紫織などが登場した。
骨喰いの井戸(ほねくいのいど)
現代ではかごめの住む神社の祠の中、戦国時代では森の中にある枯れ井戸。元々は退治した妖怪の残骸の捨て場で、中に放り込んだものはしばらく経つと消える。時代樹(御神木)から作られた井戸。時を越える力があり、かごめと犬夜叉はこれを使って2つの時代を行き来する。なぜか井戸を通り抜けられるのはその2人しかいない。奈落の死とともに一時的に消えたが、その3日後に元の形に戻る。現代にかごめ、戦国時代に犬夜叉を帰した後、3年間行き来できなくなるが、かごめが犬夜叉と共に生きることを望んだことにより、彼女を再び戦国時代に送り届けた。
巫女(みこ)
お祓いや妖怪退治を行う。各地を行脚し手当を施して回る者もいる。妖怪退治には法師や退治屋に並び大きな役割を持っており、その戦力は犬夜叉曰く「妖怪相手ならたった1人で侍100人分に相当する」。
妖怪(ようかい)
戦国時代に存在し、人間たちを脅かす存在。太古から存在し、平安時代には既に存在していた模様(珊瑚談)。現代でも、ごく少数が存在している。多くは基本的には凶暴で、人間を喰らうことから人間たちと対立している。人間に襲い掛からない妖怪も多く存在し、ごく稀に人間との間に子供を成す妖怪も存在する。人間に近い姿や人間に変身できる妖怪ほど、知能や格が高い。
妖力や強い邪気を持ち、様々な術や技を使う事ができる。霊力や法力などの神通力には弱く、強力な神通力をまともに喰らえば跡形もなく消される。
特に強力なものは大妖怪と呼称される。
妖気(ようき)
妖怪が発する特有の気。妖力が強い程発せられる妖気も強い。妖怪が吐く炎や毒、雷撃などの源でもある。邪悪な物が発する邪気とは区別して扱われる。特定の妖怪などは、発する妖気の量をある程度調節できる。また、妖気自体を消すことはできないが、結界などで気配を遮断すれば妖気を感知されない。不妖壁を持っている間は妖気を完全に消すことができる。
妖力(ようりょく)
妖怪の力の源。妖力の高さと妖怪の強さはほぼ比例する。

得物

妖刀

鉄砕牙(てっさいが)
犬の大将が自身の牙を刀々斎に与え鍛えさせた妖刀。真に力を発揮させれば「一振りで百の妖怪をなぎ倒す」と謳われる。
遺言により、次男・犬夜叉へと受け継がれる。普段はみすぼらしい錆び刀だが、犬夜叉の妖力によって巨大な牙のような刀に変化する。元々、犬夜叉の母・十六夜を守るために鍛えたといわれ、人間を慈しみ守る心がなければ扱えない[注 3]。純粋な妖怪は結界により触れることが出来ず[注 4]、人間は触ることはできるが妖力がないため錆び刀のまま変化しない[注 5]。つまり、基本的に半妖である犬夜叉にしか扱えない。例外的に半妖である奈落が錆び刀のまま使用できた。また、切った対象の妖力を取り込む能力に加え、犬夜叉の妖怪化を抑える能力も持つ。妖刀故に意思の様な物が宿っており、所有者の危機には結界を張ったり、脈打つ事で進むべき道を示す事がある。鞘は敵の攻撃や鉄砕牙の一振りを防ぐほど強固であり、結界を張ることも出来、さらには鞘を通して呼びかけることで手放した鉄砕牙を呼び寄せることもできる。
本質的には斬る刀であるため、吸収した能力は元の妖怪や物の能力とは異なる斬る性質を持つ(結界を張る百鬼蝙蝠の血玉珊瑚なら結界を斬る力、妖力を吸い取る妖刀奪鬼ならば妖力の源である妖穴を斬る力等)。
風の傷、奥義爆流破、結界破りの赤い鉄砕牙、金剛石を無数に放つ金剛槍破、敵の妖力を吸い取ったり妖穴を切る竜鱗の鉄砕牙、映画オリジナルの金剛爆流破を使用する。後に、天生牙から冥道残月破を受け継ぎ、奈落との戦いの最中に斬る技の冥道残月破が発現した。
天生牙(てんせいが)
犬の大将が自身の牙を刀々斎に与え鍛えさせた妖刀。真に慈しむ心があれば「一振りで百の命を救う」と謳われ、「癒やしの刀」とも称される。
遺言により、長男・殺生丸へと受け継がれる。この世のもの(肉体)は斬ることができないが、あの世のもの(霊体)を斬ることができる。死者に対して抜くとあの世からの使いが見え、それを斬ることで一度だけ死者を甦らせることができる。ただし、肉体が消滅する死に方や、一度天生牙で甦っている、あるいはすでに他の手段で生き返っていた場合には効果がない。加えて、魂があの世に連れ去られた者の蘇生もできない。
鉄砕牙と同様に意思のような物を持ち、結界を張ることも可能な他、所有者を別の場所に移動させることもできる。後に刀々斎に鍛え直され、相手を冥界に引き込む冥道残月破が使えるようになった。犬夜叉と殺生丸の父が天生牙と名付けていなかったら、刀々斎によって「棺桶いらず」と命名されかけたらしい。
後に、かつては鉄砕牙と同体であり、分割された後もあくまで鉄砕牙が主で、天生牙は従の扱いであったことが判明する。冥界における犬夜叉と殺生丸による鉄砕牙の真の継承者を決める戦いにて折れ、冥道残月破の力は鉄砕牙に吸収される。戦いの後、冥道残月破が使えない新たな天生牙として復活し、再び殺生丸の手に渡る。
次作『半妖の夜叉姫』では、是露を蘇生するために使用されるが、それに怒った彼女の手により再び折られる。その後、せつなの死に慟哭するとわに折れた状態で貸し与えられ、とわが形成した妖気の刃でせつなを蘇らせた後、修復のために刀々斎に預けられた。
叢雲牙(そううんが)
犬の大将が最初から所持していた妖刀。アニメ版のみ登場。
遺言により、冥界へと封印させられた。真に力を発揮させれば、「一振りで百体もの亡者を蘇らせる」と謳われる。
詳細は「犬夜叉 (アニメ)#犬夜叉 天下覇道の剣」を参照。
闘鬼神(とうきじん)
殺生丸が奈落の分身妖怪である悟心鬼の牙を灰刃坊に与えて作らせた宝剣。
見た目こそ簡素な直剣だが、飛来骨さえ易々と一刀両断しており、鉄砕牙以上の鋭い切れ味を持つ。また、軽く振るっただけで剣圧を発生させ、離れた敵を切り刻む。悟心鬼の怨念により灰刃坊に憑りつき犬夜叉たちを襲撃した。凄まじい邪気を放ち、並の者では触れることもできないが、殺生丸は力で邪気をねじ伏せた。
殺生丸が一番長く使っていた武器であり、映画およびアニメ完結編にて奥義蒼龍破を放っている。魍魎丸との2度目の闘いで折れ、破棄された。
爆砕牙(ばくさいが)
曲霊との戦いで誕生した「殺生丸自身の刀」。
斬った対象を凄まじい爆発で打ち砕き、その後も周囲に伝播し破壊を続ける持続性がある。無敵に近い奈落にも効果がある数少ない武器であり、この攻撃を受けた肉体の一部を奈落が切り離している。
蛮竜(ばんりゅう)
蛮骨が愛用する巨大な矛。石突の部分に半月状の刃が付いており、性能や外観は大太刀に近い。
人間の背丈より大きく、大の男3人がかりでやっと持てるほどの重量。七人隊が討ち取られた後、ある城に納められていたが、生き返った蛮骨によって取り返される。鉄砕牙の風の傷を防ぐほどに頑丈である。犬夜叉との最後の闘いでは、風の傷と互角の威力の熱風を出せるようになった。アニメ版では傷はついたまま蛮竜閃竜雷閃を放つ事も可能になった。その後、人を千人斬り、最後の闘いの最中、妖怪を10匹斬って、それまで斬った人と妖怪合わせて二千の恨みを吸い取り妖刀となった。
奪鬼(だっき)
刀秋が鍛えた「最も邪なる妖刀」。
竜人の鱗で出来ており、鉄砕牙と同じく敵の妖力を吸収することが可能。その力は鉄砕牙を凌駕し、真っ向勝負の末に妖力を吸い尽くすが、犬夜叉と鉄砕牙の捨て身の攻撃に敗れる。その後は鉄砕牙に力を吸収され、敵の妖力を吸う「竜鱗の鉄砕牙」となる。

法具

破魔の矢(はまのや)
桔梗、かごめなどの強力な霊力を持つ巫女が放つ弓矢に己の霊力をこめて放ち邪気や瘴気を打ち砕き、浄化する力を持つ。妖気を払うことによって、一時的に鉄砕牙の変化を解くこともできる。
錫杖(しゃくじょう)
弥勒が常に手にする僧特有の杖。形状こそ普通の錫杖だが、その強度は全力で振り切った鉄砕牙とも組み合える程強い。先端部分は、落ちた葉が触れただけで切れるほどの切れ味を持ち、攻守共に優れた武器である。
破魔札
強い法力を持つ者が使用する破魔の護符。法力により妖怪にダメージを与えられる。

その他

人頭杖(にんとうじょう)
殺生丸が従者である邪見(じゃけん)に与えた杖。翁と女の顔を持ち、強力な炎を放つことができる。
潰し独楽(つぶしごま)
七宝がよく使う武器。狐妖術で独楽を巨大化させる。幻術なので実際に加わるダメージは少ない。
雷撃刃(らいげきじん)
飛天が持つ、雷を模した刃を持つ矛。雷を纏って攻撃し、鉄砕牙と互角の戦いを繰り広げたが、飛天もろとも鉄砕牙によって両断され、消滅した。
飛来骨(ひらいこつ)
ブーメランのような形をした、2m近くある珊瑚の武器。かつて妖怪退治屋たちが退治した妖怪の骨を集めて作られた武器であり、敵の一群を一掃可能なほどに範囲は広く破壊力もある。強度も強い。終盤で骨喰い妖怪との戦いで弥勒を守るために毒を塗り、溶かしたが薬老毒仙の手により再生する。その後は邪気を巻き込み邪気を砕く飛来骨となり奈落の体すら打ち砕くほど強力になった。重量もかなりあり大きいので楯にもなり、踏み台や足場にもなる。
五雷指(ごらいし)
妖狼族の聖域に納められていた妖爪。奈落を倒すために鋼牙が手に入れる。鋼牙の右手と同化、戦闘時には右手から光が出て巨大な爪に変化する。妖狼族代々の魂がこもった武器であり、腕を振るうと強力な雷撃を放ち敵を打ち砕く。その威力は並の妖怪なら一撃で粉砕し、魍魎丸の金剛槍破すら薙ぎ払う。鉄砕牙とのコンビネーションでは、冥王獣の鎧甲を得た魍魎丸をあと一歩のところまで追い詰めた。
蛇骨刀(じゃこつとう)
蛇骨が愛用する蛇腹剣。半月型をした刃同士の特殊な開きによるうねりで、蛇のような動きが可能。一振りで遠距離の敵を一掃できるが、構造ゆえに近距離戦闘には非常に不向きであることが難点。
爆雷筒(ばくらいづつ)
煉骨自ら作ったダイナマイト
三叉戟(さんさげき)
奈落が阿毘姫に貸し与えた三つ叉の戟。奈落の骨でできている。結界を張ったり、瘴気を纏って突くことが可能。

注釈

  1. ^ ただし、ワイド版特典CDが「559話」なので、特別編を合わせると「全560話」になる。
  2. ^ かごめの生年が1981年であり、四魂の玉がかごめの体内から出現したのは彼女が中学三年生の頃なので1996年(連載開始年)である。四魂の玉の出現周期が500年であることを考えると、桔梗の死は西暦1496年の出来事ということになる。かごめが犬夜叉達と旅をするのはその50年後なので、この物語は西暦1546年の話であると思われる。
  3. ^ ただし、四魂のかけら入りの人間の腕があれば殺生丸でも扱えていたため、必ずしも慈愛の心が必要かどうかは不明。
  4. ^ 例外的に作成者の刀々斎は普通に触れる事が可能な他、変化させなくても鉄砕牙が吸収した新たな能力を把握することも出来る。
  5. ^ 犬夜叉自身も人間形態(朔の夜に能力を失った状態)では変化しない。

出典

小学館コミック

  1. ^ 犬夜叉 1”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  2. ^ 犬夜叉 2”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  3. ^ 犬夜叉 3”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  4. ^ 犬夜叉 4”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  5. ^ 犬夜叉 5”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  6. ^ 犬夜叉 6”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  7. ^ 犬夜叉 7”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  8. ^ 犬夜叉 8”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  9. ^ 犬夜叉 9”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  10. ^ 犬夜叉 10”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  11. ^ 犬夜叉 11”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  12. ^ 犬夜叉 12”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  13. ^ 犬夜叉 13”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  14. ^ 犬夜叉 14”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  15. ^ 犬夜叉 15”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  16. ^ 犬夜叉 16”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  17. ^ 犬夜叉 17”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  18. ^ 犬夜叉 18”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  19. ^ 犬夜叉 19”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  20. ^ 犬夜叉 20”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  21. ^ 犬夜叉 21”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  22. ^ 犬夜叉 22”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  23. ^ 犬夜叉 23”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  24. ^ 犬夜叉 24”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  25. ^ 犬夜叉 25”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  26. ^ 犬夜叉 26”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  27. ^ 犬夜叉 27”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  28. ^ 犬夜叉 28”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  29. ^ 犬夜叉 29”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月2日閲覧。
  30. ^ 犬夜叉 30”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  31. ^ 犬夜叉 31”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  32. ^ 犬夜叉 32”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  33. ^ 犬夜叉 33”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  34. ^ 犬夜叉 34”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  35. ^ 犬夜叉 35”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  36. ^ 犬夜叉 36”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  37. ^ 犬夜叉 37”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  38. ^ 犬夜叉 38”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  39. ^ 犬夜叉 39”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  40. ^ 犬夜叉 40”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  41. ^ 犬夜叉 41”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  42. ^ 犬夜叉 42”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  43. ^ 犬夜叉 43”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  44. ^ 犬夜叉 44”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  45. ^ 犬夜叉 45”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  46. ^ 犬夜叉 46”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  47. ^ 犬夜叉 47”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  48. ^ 犬夜叉 48”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  49. ^ 犬夜叉 49”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  50. ^ 犬夜叉 50”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  51. ^ 犬夜叉 51”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  52. ^ 犬夜叉 52”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  53. ^ 犬夜叉 53”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  54. ^ 犬夜叉 54”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  55. ^ 犬夜叉 55”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  56. ^ 犬夜叉 56”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021年3月3日閲覧。
  57. ^ 犬夜叉 ワイド版 1”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  58. ^ 犬夜叉 ワイド版 2”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  59. ^ 犬夜叉 ワイド版 3”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  60. ^ 犬夜叉 ワイド版 4”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  61. ^ 犬夜叉 ワイド版 5”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  62. ^ 犬夜叉 ワイド版 6”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  63. ^ 犬夜叉 ワイド版 7”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  64. ^ 犬夜叉 ワイド版 8”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  65. ^ 犬夜叉 ワイド版 9”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  66. ^ 犬夜叉 ワイド版 10”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  67. ^ 犬夜叉 ワイド版 11”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  68. ^ 犬夜叉 ワイド版 12”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  69. ^ 犬夜叉 ワイド版 13”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  70. ^ 犬夜叉 ワイド版 14”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  71. ^ 犬夜叉 ワイド版 15”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  72. ^ 犬夜叉 ワイド版 16”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  73. ^ 犬夜叉 ワイド版 17”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  74. ^ 犬夜叉 ワイド版 18”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  75. ^ 犬夜叉 ワイド版 19”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  76. ^ 犬夜叉 ワイド版 20”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  77. ^ 犬夜叉 ワイド版 21”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  78. ^ 犬夜叉 ワイド版 22”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  79. ^ 犬夜叉 ワイド版 23”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  80. ^ 犬夜叉 ワイド版 24”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  81. ^ 犬夜叉 ワイド版 25”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  82. ^ 犬夜叉 ワイド版 26”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2021-22-04-01閲覧。
  83. ^ 犬夜叉 ワイド版 27”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  84. ^ 犬夜叉 ワイド版 28”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  85. ^ 犬夜叉 ワイド版 29”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。
  86. ^ 犬夜叉 ワイド版 30”. 少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年4月1日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「犬夜叉」の関連用語

犬夜叉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犬夜叉のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの犬夜叉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS