免疫不全 原因

免疫不全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 21:02 UTC 版)

原因

免疫不全の原因は、その疾患の性質によって異なる。原因には、遺伝的なものと、栄養失調や劣悪な衛生状態による後天的なものがある[13][14]。一部の遺伝的原因については正確な遺伝子がわかっている[15]

治療

可能な治療法には、感染症の治療と免疫系の強化という2つの方法がある。

トリメトプリムスルファメトキサゾールを用いたニューモシスチス肺炎の予防は、免疫無防備状態の人に有効である[16]。1950年代初頭、原発性免疫不全症の患者に対し、医師は免疫グロブリン(Ig)を筋肉内注射していた。Ig補充療法は、皮下投与または静脈内投与のいずれかで注入可能であり、患者によって異なるが、約3~4週間はIgレベルが高くなる[11]

予後

予後は、疾患の性質や重症度によって大きく異なる。早期(1歳未満)に死亡する欠損もあれば、治療の有無にかかわらず、死亡率や罹患率が低い生涯にわたる疾患もある。新しい幹細胞移植技術は、衰弱させ致命的な遺伝的免疫不全に対する遺伝子ベースの治療につながる可能性がある。後天性免疫不全症の予後は、原因物質または病態(AIDSなど)の回避や治療によってさまざまである。

参照項目


  1. ^ “Secondary immunodeficiencies, including HIV infection”. The Journal of Allergy and Clinical Immunology 125 (2 Suppl 2): S195–203. (February 2010). doi:10.1016/j.jaci.2009.08.040. PMC 6151868. PMID 20042227. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6151868/. 
  2. ^ Primary immunodeficiency”. Mayo Clinic (2020年1月30日). 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ Meidani, Mohsen; Naeini, Alireza Emami; Rostami, Mojtaba; Sherkat, Roya; Tayeri, Katayoun (March 2014). “Immunocompromised patients: Review of the most common infections happened in 446 hospitalized patients”. Journal of Research in Medical Sciences 19 (Suppl 1): S71–S73. ISSN 1735-1995. PMC 4078380. PMID 25002900. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4078380/. 
  4. ^ Greenberg, Saul. “Immunodeficiency”. University of Toronto. 2013年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月30日閲覧。
  5. ^ Schwartz, Robert A (2019-10-22). Jyonouchi, Harumi. ed. “T-cell Disorders”. Medscape. http://emedicine.medscape.com/article/888372-overview. 
  6. ^ a b c If not otherwise specified in boxes, then reference for entries is: Page 432, Chapter 22, Table 22.1 in: Jones, Jane; Bannister, Barbara A.; Gillespie, Stephen H. (2006). Infection: Microbiology and Management. Wiley-Blackwell. ISBN 978-1-4051-2665-6 
  7. ^ Page 435 in: Jones, Jane; Bannister, Barbara A.; Gillespie, Stephen H. (2006). Infection: Microbiology and Management. Wiley-Blackwell. ISBN 978-1-4051-2665-6 
  8. ^ a b c d “Detection, education and management of the asplenic or hyposplenic patient”. American Family Physician 63 (3): 499–506, 508. (February 2001). PMID 11272299. 
  9. ^ a b Basic Immunology: Functions and Disorders of the Immune System, 3rd Ed. 2011.
  10. ^ “The primary immunodeficiencies”. The New England Journal of Medicine 333 (7): 431–40. (August 1995). doi:10.1056/NEJM199508173330707. PMID 7616993. 
  11. ^ a b Immune Deficiency Foundation”. primaryimmune.org. 2017年4月17日閲覧。
  12. ^ “Immunodeficiency and autoimmunity: lessons from systemic lupus erythematosus”. Trends in Molecular Medicine 18 (2): 101–8. (February 2012). doi:10.1016/j.molmed.2011.10.005. PMC 3278563. PMID 22177735. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3278563/. 
  13. ^ Nutrition and Immunity”. The Nutrition Source. Harvard T.H. Chan School of Public Health. 2020年11月8日閲覧。
  14. ^ “Immune Dysfunction as a Cause and Consequence of Malnutrition”. Trends in Immunology 37 (6): 386–398. (2016). doi:10.1016/j.it.2016.04.003. PMC 4889773. PMID 27237815. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4889773/. 
  15. ^ Immunobiology: The Immune System in Health and Disease. 5th edition., figure 11.8
  16. ^ “Prophylaxis for Pneumocystis pneumonia (PCP) in non-HIV immunocompromised patients”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 10 (10): CD005590. (October 2014). doi:10.1002/14651858.CD005590.pub3. PMC 6457644. PMID 25269391. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6457644/. 


「免疫不全」の続きの解説一覧




免疫不全と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

免疫不全のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



免疫不全のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの免疫不全 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS