ミーハー ミーハーの概要

ミーハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 15:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

また、みいちゃんはあちゃん[3][4][2]ミーちゃんハーちゃん[5])、はあちゃんみいちゃん[6]みいはあ族[7]とも。

使われ始めた時期は定かでないが、1905年(明治38年)の読売新聞の記事中[6]や、1908年(明治41年)発表の渋川玄耳の随筆『閑耳目』に例が見られる[3]。もとは低俗な趣味や流行に夢中になっている教養の低い若者を揶揄する呼称[3][5]で、特に若い女性のことを指していた[4]

語源

文献によって諸説があり、発祥が「みいはあ」と「みいちゃんはあちゃん」どちらが先とするかで大きく説が異なる。多くの辞書では「みいちゃんはあちゃん」の略語として「みいはあ」が生じたという立場をとっている[1]

  • 古くからあった愚か者を指す俗語「はあちゃん[6]」からの展開説[3]音階名のドレミファとかけ「みい」を地口的に付け加えたたもの[3][5]
  • 当時の若い女性の典型として、「みよ」「はな」[5]など、「み」「は」で始まる名前[4]が多かったことから。
  • つ豆とやし長二郎大好き人間」の略。明治末期に発明されたデザート・みつ豆と、1927年(昭和2年)にデビューした俳優の林長二郎(のちの長谷川一夫)の両方を好む若い女性を指す言葉とするもの[8][9]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


  1. ^ a b みいはあ』 - コトバンク - 典拠は小学館『デジタル大辞泉』、三省堂大辞林 第三版』、小学館『精選版 日本国語大辞典
  2. ^ a b "みい-はあ". 日本語大辞典 (初版 ed.). 講談社. 6 November 1989. p. 1879. ISBN 4-06-121057-2
  3. ^ a b c d e みいちゃんはあちゃん』 - コトバンク - 典拠は三省堂『大辞林 第三版』、小学館『精選版 日本国語大辞典』
  4. ^ a b c "みいちゃん-はあちゃん". 日本語大辞典 (初版 ed.). 講談社. 6 November 1989. p. 1879. ISBN 4-06-121057-2
  5. ^ a b c d ミーちゃんハーちゃん』 - コトバンク - 典拠は小学館『デジタル大辞泉』
  6. ^ a b c はあちゃん』 - コトバンク
  7. ^ みいはあ族』 - コトバンク - 典拠は小学館『デジタル大辞泉』
  8. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(昭和51年、サンケイ出版)
  9. ^ うしおそうじ「はじめに」『夢は大空を駆けめぐる〜恩師・円谷英二伝』角川書店、2001年11月30日、6-7頁。ISBN 4-04-883695-1


「ミーハー」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ミーハーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミーハーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミーハー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS