オーサリングツール Web用オーサリングツール

オーサリングツール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 16:02 UTC 版)

Web用オーサリングツール

多くの動画エンコードソフトウェアは標準でYoutubeやFacebookなどへの動画のオーサリングに対応している。

360度動画・VR動画

360度動画の出力に直接対応するソフトウェアとしては、Adobe Premiere Pro CC 2015.3以降[13]、Final Cut Pro X 10.4以降[14][15]などがある。

360度動画の再生にはVLC 3以降、Scratch Play、GoPro VR Player (旧Kolor Eyes)、Whirligig Playerなどが対応している。

Spatial Media Metadata Injector (Google)
動画に360°動画用メタデータを付加するためのツール。別名360 Video Metadata app。Apacheライセンス。空間音声(Spatial Audio)にも対応している。

HDR動画

YoutubeのHDR動画は、H.264 10bit、ProRes 422、ProRes 4444、DNxHR HQX、VP9 profile 2のどれかのコーデックにエンコードする必要があり[16]、また、動画コンテナにはHDRメタデータを付加する必要がある[16]。この出力に対応するソフトウェアとしては、DaVinci ResolveAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなどが存在する[16]

NetflixのHDR動画はIMF形式を採用している。IMF形式の出力に対応するオーサリングソフトウェアは#IMF対応を参照。

ストリーミング




「オーサリングツール」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーサリングツール」の関連用語

オーサリングツールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーサリングツールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーサリングツール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS