Targeted Attackとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Targeted Attackの意味・解説 

スピアフィッシング

別名:スピア型攻撃スピアフィッシングアタック
【英】Spearphishing, Targeted Attack

スピアフィッシングとは、IT用語としては、フィッシング詐欺呼ばれるインターネット詐欺の手口の中でも、特定のターゲットに対して重要なデータ個人情報奪おうとする手法のことである。

「スピアフィッシング」とは、もともとは魚釣りの用語で、銛(もり)で直接に刺しとどめる手法のことである。それが転じて、「狙い定めて直接働きかけるフィッシング(詐欺)という意味用いられるようになった

スピアフィッシングの特徴は、詐欺行為けしかける対象に合わせて手口カスタマイズされるという点を挙げることができる。主に上司装って従業員からパスワード聞き出そうとする場合多く報告されており、あるいは企業や組織幹部対象に、得意先企業からのメール装ってアクセスし、企業情報知的財産盗もうとする場合などもある。詐欺対象となる人は、アプローチ内容自分にとって関係の深いものであるため、一般フィッシング詐欺に比べても警戒解きすいとい特質があるまた、対象があらかじめ定められているために、スピアフィッシングによって盗まれる情報通常より重大なものである場合が多い。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Targeted Attackのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Targeted Attackのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスピアフィッシングの記事を利用しております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS