IPハンドリングとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > IPハンドリングの意味・解説 

IPハンドリング(あいぴーはんどりんぐ)

Identity Preserved Handlingの略で、分別生産流通管理のことです。農産物を、種子選定から生産流通製造に至るまで、各段階善良なる管理者注意をもって分別管理され、その旨について各段階ごとに証明書添付義務付けられている管理システムです。非遺伝子組換え農産物管理にも用いられます。

IPハンドリング

【英】: Indentitiy Preserved Handling, IP Handling
分別生産流通管理ともいう。もともと、このシステム高品質種子保持のために使われてきた。

遺伝子組換え農作物に関する場合の定義は「遺伝子組換え農作物および非遺伝子組換え農作物生産流通及び加工の各段階善良なる管理者注意をもって分別管理し、その旨証明する書類により明確にした管理方法をいう。」で、そのことが書類等により証明されていることも含む。

本当に原材料組換えのものが混ざっていないかどうか、つまり非組換えのものが、きちんと分けられて流通されてきたかどうか証明する根拠となる。

ただし、流通上厳密な管理の下で細心の注意を払ってIPハンドリングを行っているが、現実には遺伝子組換えのものがわずかに混ざってしまう可能性があり、現状では絶対に混ざらないようにすることは困難である。

このため日本では、遺伝子組換え農作物混入率5%以下であり、意図的行われたものでない場合であれば適正なIPハンドリングが行われたとして認めている。

遺伝子

遺伝子組み換え



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IPハンドリング」の関連用語

IPハンドリングのお隣キーワード

IMF

IMM

INRO

IOM大豆

IPAI

IPE

IPハンドリング

IQ制度

IR

IRA

IRSG

ISA

ISC

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



IPハンドリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省

©2019 Weblio RSS